fc2ブログ
ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~

■ プロフィール

今西和彦

Author:今西和彦
1967年広島生まれ 
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
横浜市在住


◎米国催眠士協会
 認定ヒプノセラピスト
 (National Guild of Hypnotists)
◎米国催眠療法協会
 認定ヒプノセラピスト
 (American Board of Hypnotherapy)
◎米国アルケミー催眠協会
認定ソマティックヒーリング
上級コース修了
 (Alchemy Institute of Hypnosis)
◎日本ホリスティックアカデミー
前世療法プロコース修了
年齢退行療法プロコース修了
◎QE(クォンタムエントレインメント)ヒーリング
基礎&上級&ユーフィーリング& アート・オブ・スティルネスコース修了
◎量子波ヒーラー養成コース修了(導入&S1&S2)
◎整体師
◎レイキティーチャー

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (33)
意識 (1506)
お気に入り (652)
ヒプノセラピー (117)
セラピー (74)
からだ (136)
ビーイングセラピー (183)
ヒプノセンス (214)

■ セッション、セミナー、ワークショップ等、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ カレンダー

04 | 2022/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

鳥好きオーラ
先日、あまりに天気が良いものだから、
パートナーと二人で、
近くの神社にお参りついでに、
その前の広々とした公園で、
お弁当を買って食べることにした✨

陽射しが程よいベンチを目指したのだけれど、
隣のベンチには、先客のカラスが二羽(苦笑)

無類の鳥好きのパートナーは、
むしろ嬉しそうに近づく。
ボクの鳥好き歴は、10年に満たず、
カラスの真横では、さすがに落ち着かない。

抵抗するも、ベンチに座り、
パートナーは、せっせと食べ始める。
ブツブツ言っても、相手にしてくれない。

二羽のカラスは、まだ幼い感じで、
威嚇する様子もなく、ゆっくり間合いを狭めてくる。
確かに、ちょっと可愛いけど、
でも、やっぱり集中出来ん、と訴えたら、
別のベンチに移ってくれて、
ようやく一段落着いた🎵

この日は、お参りの前から、終日、
想定外の近距離で、
何度もカラスに出くわしていた。
もちろん、神社の境内の中でもずっとね。

ヤタガラスみたいで良いじゃんと、
パートナーはからかってきたし、
確かに、カラスとの接近には、
割に、吉兆、縁起の良い意味がある、
ましてや、お参りの日の出来事だからね🎵

まあ、それはそれ、
生身のカラスはやっぱり迫力とともに、
先入観が邪魔をして、なかなかお近づきになれない。

パートナーのお陰で、
鳥好きオーラを、ボク自身もまとうようになり、
思わぬところで、鳥たちに囲まれるようになった。
実は、そのこと自体が、
ボクにとっては嬉しいこと、吉兆なのだ🐤🐦

何の利害関係もなく、
ただ、お互い好き同士、というのは、
幸せだよね🎶
しかも、近所から世界中に渡り、
その仲間が飛び交ってるんだから🎵

あなたは、
どんなオーラをまとってる?

合掌


ヒプノセラピー(催眠療法)の個人セッションは、
こちらからどうぞ🎵
「ようこそ、ヒプノセンスへ」

時(空)の歪み
ヒプノセラピー(催眠療法)のセッション中、
つまりは、
潜在意識がオープンな状態ではね、
時(空)の歪みの感覚が生じることがあって、
簡単に言うと、
思いの外、時間が早く(その逆もアリ)経ったとかね。

別に、これは良い悪いの話ではなく、
そういうこともあるってこと。

そして、今日の話。

コロナもそうだし、それに続く諸々。

ここ数年、人々はね、
一定の問題に、不安感を抱きつつ、
スマホやテレビ画面にくぎづけになって過ごしてきた。

セッションとは赴きが違うのだけど、
潜在意識がオープンになってることには違いなくて、

結果、割にネガティブなことが、
どんどん潜在意識の中に、
知らないうちに蓄積されていっちゃう。
※ヒプノセラピーの暗示とは、
方法も目的も全く違うからね❗
そして、この数年、
いつもより、あっという間に過ぎた感じがしたり、
永遠のように長く感じたり。
不思議な感覚だよね。

でもね、今そのことに気づいたわけだから、
大丈夫🎵

今週末には、関東も桜の開花宣言が出る🌸
お出かけして、
しっかり、自然を満喫出来たら、
歪みなど、直ぐに平気になるよ✨

自分と世界、
先ずは、自分自身の在り様に注意しながら、
自然を友とし、世界に向き合おうね✨

合掌


ヒプノセラピー(催眠療法)の個人セッションは、
こちらからどうぞ🎵
「ようこそ、ヒプノセンスへ」

夢中船子宮号
ある状況に接して、
没入するか、無視するか、
あるいは、達観するか、麻痺するか、
さらには、別次元、二極化したと、
浮かれたり落ち込んだり、

でもね、みんな一緒に、
夢中船子宮号に乗ってますからね。

別な言い方するとね、
心理的な投影とは、
するのも勝手で、実は、されてもいるのだから、
もう、誰がどうしたとか、
あんまり関係なくなってる(笑)

それでも、正気でいたいし、
のんびり楽しく生きたいわけです。

そんな時は、部屋の中でも、
人がいないお外でも、
パンッパンッと柏手を打つように、
してみるのです。
何の祈りの詞も要りません。
むしろ、邪魔なくらい。
モヤモヤッとしたものを祓う感じで、
自分自身と世界の距離感が、
素のまま、程よくなるよ🎵

これを合図に、
また、楽しく過ごそうよ。

もう、良いんだって、
思考はあれこれ巡ってくるし、
批判やラベリングの無駄話には飽き飽き、
そんなことのために、
この宇宙船地球号に、
生まれてきたわけじゃないでしょ🎵

パンッパンッ🌸
合掌


ヒプノセラピー(催眠療法)の個人セッションは、
こちらからどうぞ🎵
「ようこそ、ヒプノセンスへ」

夢見のギフト
実際に住んだことはないのに、
夢に何度か出て来ては、
その都度、嬉しい気持ちで、
その家に入っていく、という夢があって、

どんな家かというと、
中空に浮かんだ木組みだけの、
簡素な家と言うより、部屋なんだけどね。

木組みだけで、外から丸見えだから、
その部屋を見つけただけで、
もうワクワクするんだよね。

まあ、こういうのは、
みんなにもあると思うし、
それをヒプノ的に、
過去生や未来生に関連づけても良いけど、

その心地良さにフォーカスして、
普段から、ちょっとネガティブな状態の時に、
思い出すと、結構効くよ✨
夢見のギフト、ぐらいに思っても良いかな。

しんどい、しんどいと、やたらに言うのは、
その逆をやってるみたいなもの。
常に、しんどい場面や状況を反芻して、
更に、しんどくなってる。
実際であり、事実であったとしても、
夢見と同様、
もう、反芻するしかないものなんだよね。
だったら、どっちを選ぶかだけの話🙋

さて、寒くて、散歩を控えてる間に、
ようやく、春の気配が立ち込めてきた。
梅に桜に、桃も忘れず、
野に出て、鳥と猫に挨拶に出かけよう🐦🐈

合掌


ヒプノセラピー(催眠療法)の個人セッションは、
こちらからどうぞ🎵
「ようこそ、ヒプノセンスへ」

アトランティスと近未来
アトランティスの物語と
今現在の近未来予測本、
別に意識したわけでもなく並読してたら、
似たような感覚が生まれる。

良かれと思って、
いろんなこと細分化して、
真面目に考えて、
整理したり、開発したり、管理したり、
そのことについて反省もしたり、
そしてまた、高めあったり、
でもその中で、分断というかな、
クラス分けみたいなものも発生して、
でもやっぱり、みんな各々に、
良かれと思って疾走していく、
そして最後は、クラス分けもへったくれもなく、
みんなまるごと、崩壊の憂き目に合う。

だからといって、
今現在を批判してるわけじゃないからね。

たとえば、レムリアとか、女性性とか、
言われて久しい、
アトランティスのアンチテーゼのようなものも、
扱い方を気をつけた方が良い、
アンチはアンチでしかないからね。

じゃあどうするか。

ヒプノセラピーではね、
割に、アトランティスの物語、世界観、
過去生、というのに馴染みがあって、
いろいろ考える材料が出てくる。
エジプトもそうだけど、
どうして今この時代に、
特定の時代の地域や物語に、
フォーカスするのか、
考える余地はあると思う。

過去現在未来は、
遥か彼方への往来なんかではなく、
どうあがいても、
今現在にことごとく関連していて、
逃げられないから面白い。

性急な答えなど求めなくて良いから、
自分自身の腹におちる思考と感情を、
たっぷり試しながら味わうと良い☺

今、どんな時代に惹かれてる、
それは、過去、未来?
そして、今あなたの現在は、どう?

合掌


ヒプノセラピー(催眠療法)の個人セッションは、
こちらからどうぞ🎵
「ようこそ、ヒプノセンスへ」


■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ QRコード

QR


copyright 2005-2007 ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記