FC2ブログ
ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~

■ プロフィール

今西和彦

Author:今西和彦
1967年広島生まれ 
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
横浜市在住


◎米国催眠士協会
 認定ヒプノセラピスト
 (National Guild of Hypnotists)
◎米国催眠療法協会
 認定ヒプノセラピスト
 (American Board of Hypnotherapy)
◎米国アルケミー催眠協会
認定ソマティックヒーリング
上級コース修了
 (Alchemy Institute of Hypnosis)
◎日本ホリスティックアカデミー
前世療法プロコース修了
年齢退行療法プロコース修了
◎QE(クォンタムエントレインメント)ヒーリング
基礎&上級&ユーフィーリング& アート・オブ・スティルネスコース修了
◎量子波ヒーラー養成コース修了(導入&S1&S2)
◎整体師
◎レイキティーチャー

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (32)
意識 (1506)
お気に入り (652)
ヒプノセラピー (117)
セラピー (74)
からだ (136)
ビーイングセラピー (183)
ヒプノセンス (157)

■ セッション、セミナー、ワークショップ等、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

■ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

山の中腹で聴いた声
その日は、野球仲間がいなかったのか、
小学5、6年生のボクを年長に、
下は小学2年生ぐらいの女の子まで、
5~6人で遊んでいた。

どこでどういう話になったのか、
裏山のハイキングコースを登ろうということになって
みんな気楽に出発した。

その辺りは、山を切り開いた造成地で、
裏山への入り口もあちこちにあった。

山頂を目指すというわけでもなし、
口うるさい大人の引率者もいないわけだから
ただダラダラと、でもみんな楽しそうに
ハイキング気分を味わっていた。

しかしながら、しばらく行くと
低学年の子たちは愚図り始めて
ボクもそろそろ潮時だなと
ふり返って帰り道を確認した...

あれ?...ん?...
ちょこちょこ脇道に入ったりしていたので
帰り道が怪しくなっていた...
当時はまだ方向音痴の自覚はなかった。

徐々に日は傾きつつあるし、どうしよう...

この気持ちを察知したのか、
みな不安げな様子でこちらを見てる...
手分けして低学年の子を抱っこしたり
おんぶしたりで、その場を取り繕ったけど
ますます混乱するばかり...


そんな時、
少し下の方から、
いや、あっちからも、こっちからも
声が乱反射するようにやってきた...

「この度、○○党から出馬しました、◎◎でございます」
「なにとぞ、△△党の□□を、よろしくお願い申し上げます」

みんなの顔がキラキラし始めた。
ここ一週間ぐらい、朝から晩まで近所を街宣し
名前まで覚えてしまったような
馴染みの選挙カーの雄叫びだった。

ほっとした勢いを借りて
そのままみんな、声のする方へ
転がるように駆け下りていった...

足元がコンクリートに変わって
見慣れた家々が目に飛び込んで来る中、
選挙カーはもうどこかへ行ってしまっていた。


福音とは、時に下世話なカタチでやって来る。
選り好みしないで、
耳を澄ますことも大事だね。

余談だが、
その選挙カーに乗って
頑張って遊説していた男の人の息子が
後に奥田民生になったとさ...

奥田民生『イージュー★ライダー』
ユーチューブでどうぞ
スポンサーサイト













管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ QRコード

QR


copyright 2005-2007 ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記