FC2ブログ
ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~

■ プロフィール

今西和彦

Author:今西和彦
1967年広島生まれ 
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
横浜市在住


◎米国催眠士協会
 認定ヒプノセラピスト
 (National Guild of Hypnotists)
◎米国催眠療法協会
 認定ヒプノセラピスト
 (American Board of Hypnotherapy)
◎米国アルケミー催眠協会
認定ソマティックヒーリング
上級コース修了
 (Alchemy Institute of Hypnosis)
◎日本ホリスティックアカデミー
前世療法プロコース修了
年齢退行療法プロコース修了
◎QE(クォンタムエントレインメント)ヒーリング
基礎&上級&ユーフィーリング& アート・オブ・スティルネスコース修了
◎量子波ヒーラー養成コース修了(導入&S1&S2)
◎整体師
◎レイキティーチャー

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (32)
意識 (1506)
お気に入り (652)
ヒプノセラピー (117)
セラピー (74)
からだ (136)
ビーイングセラピー (183)
ヒプノセンス (167)

■ セッション、セミナー、ワークショップ等、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

■ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

あぁ、知ってる、知ってる
ある事柄について
「知っている」、さらには「経験している」ということがある。
そこから学んだこと、学びきれなかったこともあるだろう。

そこで一つの選択が発生する。

もう一度学び直して完全に学びきる。
逆に、もうその学びはお終いにして、また新たな学びに向かう。

どちらでも構わない。

選択の根拠が、利得や執着の場合もあるし、
好奇心、克己心、自然な流れというのもある。

いずれであっても、
必要な学びの機会は、姿かたちを変えてやって来る。


前世(過去世)療法をへて
自分(の魂)の、別な一面を「知った」とする。
今生の自分との合わせ鏡のように感じる部分も発見した...

ここで、また選択の機会がやって来る。

もう一度、あの生を懐かしみながらなぞるのか、
それとも、今生の学びに一歩踏み出すか...

これもまた自由だ。


実は、「知っている」「経験している」という言葉の次に
来るものがある。

「だから、どうしたいんだ...どうするんだ!」という問いかけ。

結局、前世(過去世)療法、
さらには年齢退行療法、未来世療法とはいえ、
問われているのは、

今この瞬間なのだ。

REBECCA『RASPBERRY DREAM ONE NIGHT.flv』
ユーチューブでどうぞ
スポンサーサイト













管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ QRコード

QR


copyright 2005-2007 ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記