FC2ブログ
ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~

■ プロフィール

今西和彦

Author:今西和彦
1967年広島生まれ 
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
横浜市在住


◎米国催眠士協会
 認定ヒプノセラピスト
 (National Guild of Hypnotists)
◎米国催眠療法協会
 認定ヒプノセラピスト
 (American Board of Hypnotherapy)
◎米国アルケミー催眠協会
認定ソマティックヒーリング
上級コース修了
 (Alchemy Institute of Hypnosis)
◎日本ホリスティックアカデミー
前世療法プロコース修了
年齢退行療法プロコース修了
◎QE(クォンタムエントレインメント)ヒーリング
基礎&上級&ユーフィーリング& アート・オブ・スティルネスコース修了
◎量子波ヒーラー養成コース修了(導入&S1&S2)
◎整体師
◎レイキティーチャー

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (32)
意識 (1506)
お気に入り (652)
ヒプノセラピー (117)
セラピー (74)
からだ (136)
ビーイングセラピー (183)
ヒプノセンス (157)

■ セッション、セミナー、ワークショップ等、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

■ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

方言セラピー
故郷を離れた者にとって、
故郷への想いは、様々であろうが
懐かしい方言を、不意に耳にした時など、
つい顔もほころぶ(笑)

ヒプノセラピー(催眠療法)において、
ファーストネームでクライアントを呼ぶことは
セラピストの寄り添う姿勢を、より鮮明にする方法であるが、

だったら、年齢退行療法などは、
クライアントに馴染みのある方言でアプローチすることで、
よりリアリティをもって
幼き日々に到達していけるのではないか...

たとえば、こんな風に、
 「わしが今から数を1から10まで数えるで...
  ほいで10まで数え終わったら、
  ○○ちゃんは、もの凄い気持ちがようなって、
  もしかしたら、
  体の力が抜けてどんどんねむとうなるかもしれんし、
  何か映像が浮かんできたりするかもしれんの...」

ヒプノセラピーを学び始めた当初から、
実は気になっていた...
東京のスクールには、
地方から様々に集い、学び合い、楽しかったのだが、
いざ、実践練習の段階になると、
いわゆる標準語のスクリプトに倣い、
しかもそこに、思い思いのイントネーションが加わるので、
若干の違和感があった...

前世(過去世)療法になれば、方言もへったくれもないのだから
以上の話、本質的な案件ではないのだけれど
それでも、一瞬にして何とも落ち着いた気分に導く方言を
活かさないのはもったいない気もする...
とは言っても、ボクが出来るのは、広島弁だけだけどね(笑)

さて、今日の動画は不思議な感覚、感動さえ覚える、
広島弁の動画だ、どうか、楽しんでください(笑)
ボクの言いたいことが伝わると良いな...
スポンサーサイト













管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ QRコード

QR


copyright 2005-2007 ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記