FC2ブログ
ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~

■ プロフィール

今西和彦

Author:今西和彦
1967年広島生まれ 
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
横浜市在住


◎米国催眠士協会
 認定ヒプノセラピスト
 (National Guild of Hypnotists)
◎米国催眠療法協会
 認定ヒプノセラピスト
 (American Board of Hypnotherapy)
◎米国アルケミー催眠協会
認定ソマティックヒーリング
上級コース修了
 (Alchemy Institute of Hypnosis)
◎日本ホリスティックアカデミー
前世療法プロコース修了
年齢退行療法プロコース修了
◎QE(クォンタムエントレインメント)ヒーリング
基礎&上級&ユーフィーリング& アート・オブ・スティルネスコース修了
◎量子波ヒーラー養成コース修了(導入&S1&S2)
◎整体師
◎レイキティーチャー

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (32)
意識 (1506)
お気に入り (652)
ヒプノセラピー (117)
セラピー (74)
からだ (136)
ビーイングセラピー (183)
ヒプノセンス (167)

■ セッション、セミナー、ワークショップ等、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

■ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

再上陸の意味
「シナボン」...中国のぼんぼんじゃないよ(笑)

10数年前だったか、
東京の人気スポットに、鳴り物入りで日本上陸を果たした
いかにもジャンクな、アメリカンスイーツ。

初めて食べた時は、
美味しさとともに、恐れさえ抱いた、
こんなもの食べ続けたらエライコトになるぞ(笑)

町のパン屋さんでは見かけないような巨大なシナモンロール。
生焼けの様なモッチリ生地に、甘々のフロスティング...

しかし、心配をよそに、
世紀の境に登場したこのスイーツは、
10年踏ん張って敢えなく撤退した...

併行して、ペットボトルのミネラルウォーターやお茶、
多岐に渡る、サプリメントの隆盛があった...
踏ん張ったのは、こちらの方かもしれないね(笑)

ジャンクなものも、たまには良い。
でも、食生活を根底から覆すような味覚の揺さぶりには
用心が必要だ。

時代とその空気は、それに見合った食べ物を欲しがる。
昨年、「シナボン」が復活した、とのこと。
今、どんな空気が、この時代のこの国に漂っているんだろう、
先ずは、食べてから考えてみるか(笑)
負けるな、ドーナツ!


スポンサーサイト



ako
アメリカのスイーツにすっかり馴染んでいた私でさえも、シナボンを初めて食べた時は、あまりの甘さに「これはキケン!」と思ったものです。
なんと880キロカロリー!
甘さとスパイシーさの絶妙なバランス♡ あの香りについつい誘われてしまうのよね。。。
シナボン復活とは、刺激が求められてるのかしら?
オールドファッションなドーナツはホッとする味ですね。
料理下手な母だったけど、たまに作ってくれたドーナツは美味しかったなあ。
ドーナツはママの味♪
2013/04/07(日) 13:34:55 | URL | [ 編集]
kazu
復活の地は六本木なので、
まだ様子を伺ってるみたい(笑)

ある人には刺激に、
ある人には健康ストレスへの反動になってるかもしれないですね。
何しろあの食感は、老若男女みないけるので、
気をつけないと...

抹茶とかあずきを使った、
和風ベースのメニューがあれば
今度は大丈夫だと思うんだけど(笑)

ドーナツみたいに、素朴で武骨なぐらいが、
飽きなくて、丁度良いですね、
そこに思い出も加味されるし(笑)
2013/04/07(日) 14:02:44 | URL | [ 編集]










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ QRコード

QR


copyright 2005-2007 ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記