FC2ブログ
ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~

■ プロフィール

今西和彦

Author:今西和彦
1967年広島生まれ 
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
横浜市在住


◎米国催眠士協会
 認定ヒプノセラピスト
 (National Guild of Hypnotists)
◎米国催眠療法協会
 認定ヒプノセラピスト
 (American Board of Hypnotherapy)
◎米国アルケミー催眠協会
認定ソマティックヒーリング
上級コース修了
 (Alchemy Institute of Hypnosis)
◎日本ホリスティックアカデミー
前世療法プロコース修了
年齢退行療法プロコース修了
◎QE(クォンタムエントレインメント)ヒーリング
基礎&上級&ユーフィーリング& アート・オブ・スティルネスコース修了
◎量子波ヒーラー養成コース修了(導入&S1&S2)
◎整体師
◎レイキティーチャー

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (32)
意識 (1506)
お気に入り (652)
ヒプノセラピー (117)
セラピー (74)
からだ (136)
ビーイングセラピー (183)
ヒプノセンス (167)

■ セッション、セミナー、ワークショップ等、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

■ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

白紙に倣う
かつて、ビジネスの現場で、
企画書、計画書の類を、
常に、高速でまとめなくちゃならない時期があって、
そのうち、否が応でも、
自分なりの立案・作成スタイルが定まっていった...

先ずは、アイデアなど全く白紙の状態にもかかわらず、
とにかく、書式、構成などの枠組みを決める。
内心、これで7割方終わった気分になるのだから不思議(笑)

次に、直感的なオトシドコロを設定して、
後は、隙間をせっせと埋めていく作業に入る。

良く言えば、
全体を俯瞰、見通しての直感的作業とも言えるのだけど、
問題もある...

やはり、自分の枠組みには、癖もあり限界もあるので、
見る人が見れば、すぐに痛いところをつかれる(苦笑)

スピードとクオリティのバランスをとりながらの
綱渡りの日々だった...


さあ、書面についてはともかく、
人間の内面については、どうだろう...

困難な事態に直面し、
常識や社会通念、さらには自分の信念やこだわりで、
解決に至れば問題ないが、
もし、想定外の事態であるならば、
一旦全てを白紙に戻し、
直感の導きに従う勇気を持つことも、必要になるだろう。
そしてまた、ルールや他者の存在に、にじり寄っていけばいい。

その辺に、
ビジネスとヒプノが有機的につながる鍵がある。


スポンサーサイト













管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ QRコード

QR


copyright 2005-2007 ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記