FC2ブログ
ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~

■ プロフィール

今西和彦

Author:今西和彦
1967年広島生まれ 
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
横浜市在住


◎米国催眠士協会
 認定ヒプノセラピスト
 (National Guild of Hypnotists)
◎米国催眠療法協会
 認定ヒプノセラピスト
 (American Board of Hypnotherapy)
◎米国アルケミー催眠協会
認定ソマティックヒーリング
上級コース修了
 (Alchemy Institute of Hypnosis)
◎日本ホリスティックアカデミー
前世療法プロコース修了
年齢退行療法プロコース修了
◎QE(クォンタムエントレインメント)ヒーリング
基礎&上級&ユーフィーリング& アート・オブ・スティルネスコース修了
◎量子波ヒーラー養成コース修了(導入&S1&S2)
◎整体師
◎レイキティーチャー

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (32)
意識 (1506)
お気に入り (652)
ヒプノセラピー (117)
セラピー (74)
からだ (136)
ビーイングセラピー (183)
ヒプノセンス (148)

■ セッション、セミナー、ワークショップ等、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

■ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

お好み焼き・広島編②
昨日の続き...

本日は、店内に入ってからの話。

<メニュー>
先ず、そばかうどんの麺選択。
麺なしでは、お好み焼きの醍醐味を味わえない。
 ※酒のつまみとしてのネギ焼きのようになってしまう...
子どもの頃はうどんで、徐々にそばに移行するのが通例。

本体は、肉玉。
 ※肉抜きもあまりおススメ出来ない。
  この場合の肉は、豚肉と決まっており、
  あえて豚玉などとは言わない。

よって、基本はこうなる。
 「お好み焼き・そば(orうどん)肉玉お願いします」
食べ盛りは、
「お好み焼き・そば(orうどん)肉玉ダブルで」と言えば、
 麺が2倍になる。
 もちろん、料金は追加。
 ※肉ダブルなどは、バランスが良くない。

<大事なこと>
 くれぐれも、広島焼きとか広島風とか言わないこと。
 怖い広島弁で何を言われるかわからないよ(笑)

その他、トッピングが気になるだろう。
しかし、これは好き好きなのであえてコメントしない。

ただ、ちゃんとした基本の肉玉の中には、
すでに、大量のキャベツ、モヤシ、ネギ、イカ天、
天かす、とろろ昆布などが入っているはずで、
しかも、表裏を生地と玉子が覆っていることをお忘れなく。

その他メニューについては、
業態によってどんどん追加され、
ほとんど鉄板焼きか居酒屋さんと見紛うところとなるので
目的によって使い分ければ良い。

ただし、焼きそばは必要不可欠なメニューだ。

昨日の話につなげると、
子どもを連れてきたお父さん、もしくは、
一人で来たおじさんが、食べるものなのだ。

つまり、
「子どもみたいに
 いつまでもそんな甘いソースをかけたもんを食べれるか!」
という大人っぷりを見せるメニューなのだ。
 ※実際は、十分甘々だけど(笑)

肝心要のソースの話...
これは明日だね(笑)


スポンサーサイト













管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ QRコード

QR


copyright 2005-2007 ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記