FC2ブログ
ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~

■ プロフィール

今西和彦

Author:今西和彦
1967年広島生まれ 
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
横浜市在住


◎米国催眠士協会
 認定ヒプノセラピスト
 (National Guild of Hypnotists)
◎米国催眠療法協会
 認定ヒプノセラピスト
 (American Board of Hypnotherapy)
◎米国アルケミー催眠協会
認定ソマティックヒーリング
上級コース修了
 (Alchemy Institute of Hypnosis)
◎日本ホリスティックアカデミー
前世療法プロコース修了
年齢退行療法プロコース修了
◎QE(クォンタムエントレインメント)ヒーリング
基礎&上級&ユーフィーリング& アート・オブ・スティルネスコース修了
◎量子波ヒーラー養成コース修了(導入&S1&S2)
◎整体師
◎レイキティーチャー

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (32)
意識 (1506)
お気に入り (652)
ヒプノセラピー (117)
セラピー (74)
からだ (136)
ビーイングセラピー (183)
ヒプノセンス (157)

■ セッション、セミナー、ワークショップ等、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

■ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

図書館の聖者
図書館の雑誌コーナーの脇に
主に、子ども用にと、洗面台と飲用冷水機が設置してある。

そこに、時々訪れる老人がいる。

ホームレスに見紛う風体なので、
中にいる人々は、一様にビクッとし、目線を外す...
もちろんボクは、じっくり観察する(笑)

いつもやることは決まっている。

先ずは、洗面台に常備してあるアミに入った石鹸で、
丁寧に手首の辺りまでしっかりと手を洗う。
すっかりキレイになった両手に水をたたえ、
うがいを2~3回くり返す。

自前のハンカチはないので、さりげなくズボンに手をやり、
さっぱりしたところで、隣りの冷水器で喉を潤す(笑)

後ろに向き直り、今度は丹念に、ズボンに手を押しつけて
水気が十分無くなったのを確認して、
いつもの雑誌に手を伸ばす(笑)

全く無駄のない、愛嬌のある一連の動作、
こんな風に見立てる...

「手を汚すとは、罪を犯すこと、洗えば罪も流される。
 口は災いのもと、常にすすぐことで、災いを避ける。
 その後にいただく水は、極上の甘露となる...」

ここがインドやヒマラヤの秘境ならば、
この老人は、ヨギやスワミと呼ばれたろうに...
顔もよく日焼けして、精悍だ。
ボクは、東京にいても油断しないぞ(笑)

いつの間にやら、子どもたちが冷水機に集まって来た。
美味しい水を、
彼や彼女らがいつまでも飲み続けることが出来ますように...

合掌
スポンサーサイト













管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ QRコード

QR


copyright 2005-2007 ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記