FC2ブログ
ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~

■ プロフィール

今西和彦

Author:今西和彦
1967年広島生まれ 
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
横浜市在住


◎米国催眠士協会
 認定ヒプノセラピスト
 (National Guild of Hypnotists)
◎米国催眠療法協会
 認定ヒプノセラピスト
 (American Board of Hypnotherapy)
◎米国アルケミー催眠協会
認定ソマティックヒーリング
上級コース修了
 (Alchemy Institute of Hypnosis)
◎日本ホリスティックアカデミー
前世療法プロコース修了
年齢退行療法プロコース修了
◎QE(クォンタムエントレインメント)ヒーリング
基礎&上級&ユーフィーリング& アート・オブ・スティルネスコース修了
◎量子波ヒーラー養成コース修了(導入&S1&S2)
◎整体師
◎レイキティーチャー

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (32)
意識 (1506)
お気に入り (652)
ヒプノセラピー (117)
セラピー (74)
からだ (136)
ビーイングセラピー (183)
ヒプノセンス (158)

■ セッション、セミナー、ワークショップ等、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

■ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

テーブルについてるのは誰?
つらい時期、ひと通りの気晴らしをしても、
なかなか抜け出せないような
そんなどん詰まり状態では、
見るもの聞くもの全てがうっとうしくなり、
だからと言って、
眠ってしまおうと、目を瞑っても、
知らないうちに眉間のあたりに力が入って、
どうにも仕様がない...

つい数年前に、そんな時期があって、
その頃は、ヒプノセラピーはもちろん、
様々な心理療法や心理学的な知識など
ほとんど知らず、対処の術を知らなかった。

そして、自分で勝手にその対処法を考えていた。

その一つがこれ、

寝つけないときに、
どうしたら
楽しい気分だけになって、眠れるかな、と考えた。

小さい時から、いつもいろんな妄想をしながら
眠っていたので、
その延長で、
とにかく楽しいシチュエーションを考えてみた。

お笑いが大好きで、
当時、『人志松本のすべらない話』が、
じわじわと人気が出始めた頃だったので、
これは使えると、
ボクは、横になるとすぐに、
あの番組セットをイメージし、
松ちゃんを筆頭に、
レギュラーメンバーはもとより、
実際出てはいないけれど、
ちょっと癒し系の芸人もセレクトし
テーブルにつかせて、
ボクもその中にまぎれこんだ。

気になる芸人の様子を見ながら、
誰が話し始めるのか、
少し雑談も交わしながら
成り行きを見守った。
時々目が合って照れたりもした。

イメージの中では、
それぞれがネタをしっかり話すところまでは
いかなかったが、
大好きな芸人たちが、つつき合い、笑い合いながら、
テーブルをともにしている。
ボクは芯から和んだ。

そして、そのやわらかな時間の経過とともに
眠りにおちた。

お笑いとのつきあいは、
ボクには多分にそういう意味合いがあったみたい。

学生時分、親がケンカをしたときなどは、
あらかじめ買っておいた、
文庫版の古典落語集に集中したり、
ラジオの深夜放送に聴き入ったのも
それが理由だったのだろう。

※余談だが、後に大学に入って受けた
 近世文学の授業を担当された先生が、
 その落語集の編集をされた人と気づいて、
 一人、授業を受けながらドキドキしていた。

ヒプノセラピー、あるいはその他の心理療法でも、
あるシチュエーションをイメージし、
その中に、問題に関係する人々を登場させて、
解決へのプロセスをはかる方法があるので、
今なら、もっといろいろできたなあ、なんて思う。

誰ものぞき見できないから、
お気に入りの映画やアニメでも
好きなようにイメージして、
少しでも快適な眠りへの演出をしてみてはどうだろう。

時に思わぬグッドアイデアを、
そのイメージの中の登場人物がもたらすことがあるかもしれない。


今日の話、

「いやあ~、すべらんなあ~」

と言われてみたい。
スポンサーサイト













管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ QRコード

QR


copyright 2005-2007 ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記