FC2ブログ
ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~

■ プロフィール

今西和彦

Author:今西和彦
1967年広島生まれ 
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
横浜市在住


◎米国催眠士協会
 認定ヒプノセラピスト
 (National Guild of Hypnotists)
◎米国催眠療法協会
 認定ヒプノセラピスト
 (American Board of Hypnotherapy)
◎米国アルケミー催眠協会
認定ソマティックヒーリング
上級コース修了
 (Alchemy Institute of Hypnosis)
◎日本ホリスティックアカデミー
前世療法プロコース修了
年齢退行療法プロコース修了
◎QE(クォンタムエントレインメント)ヒーリング
基礎&上級&ユーフィーリング& アート・オブ・スティルネスコース修了
◎量子波ヒーラー養成コース修了(導入&S1&S2)
◎整体師
◎レイキティーチャー

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (32)
意識 (1506)
お気に入り (652)
ヒプノセラピー (117)
セラピー (74)
からだ (136)
ビーイングセラピー (183)
ヒプノセンス (168)

■ セッション、セミナー、ワークショップ等、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

■ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

好きと慣れ
好きで始めたことでも
いつしかその状態が当たり前になって
慣れが生じてくる。

その慣れは、好きなことが
定着する必然の過程であり、何の文句もない。

そして、定着した慣れは
再発見を通して
新たな好きをもたらすかもしれず、これまた至極結構。

しかし、時にその慣れが
停滞感とともにダレに変質してしまい
好きとは真逆に向かうことも...
これを、なれの果てと言うか言わぬか。

いやいや、好きと慣れを
こんな風に考えること自体野暮だ、
流れのままに、と言うのが本音だが
流れをせき止めて、ふと考えることも大事。
考えた後で、その思考がこびりつく前に
手放せば良いだけのこと。

口癖、独り言の類いは、
好きとはちょっと違うが、発する時の心地良さが先ずあった。
そして、しばらくは救われた感じが続く。
しかし、そこにネガティブな要素が織り込まれてあると
追々、自らを追い詰めることになる。

外的なものは、慣れがダレになったところで
適当に手放せばよいが
自らに根づいたネガティブな口癖の慣れは、
本人もなかなか気づかないまま
状況だけがただ不穏になっていく。

ボクも
大して疲れてもいないのに
ふと、「疲れた」を吐く...
年齢のせいだけではあるまい、
もっと別な言い方を考えることにする。

そして、この口癖や独り言は
単に言葉尻の問題に止まらず
その人の抱えている問題の核心を突いていることが多い。

何にそんなに疲れてるんだろうか...
憑かれたわけじゃないので、大丈夫(笑)

G Love『Just Fine』
ユーチューブでどうぞ
スポンサーサイト













管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ QRコード

QR


copyright 2005-2007 ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記