FC2ブログ
ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~

■ プロフィール

今西和彦

Author:今西和彦
1967年広島生まれ 
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
横浜市在住


◎米国催眠士協会
 認定ヒプノセラピスト
 (National Guild of Hypnotists)
◎米国催眠療法協会
 認定ヒプノセラピスト
 (American Board of Hypnotherapy)
◎米国アルケミー催眠協会
認定ソマティックヒーリング
上級コース修了
 (Alchemy Institute of Hypnosis)
◎日本ホリスティックアカデミー
前世療法プロコース修了
年齢退行療法プロコース修了
◎QE(クォンタムエントレインメント)ヒーリング
基礎&上級&ユーフィーリング& アート・オブ・スティルネスコース修了
◎量子波ヒーラー養成コース修了(導入&S1&S2)
◎整体師
◎レイキティーチャー

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (32)
意識 (1506)
お気に入り (652)
ヒプノセラピー (117)
セラピー (74)
からだ (136)
ビーイングセラピー (183)
ヒプノセンス (167)

■ セッション、セミナー、ワークショップ等、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

■ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

人里離れて
この時期、
文化祭とか、学園、大学祭が多くて、
タイミングが合えば、いろいろ楽しめる🎵

今でこそ、そんな余裕もあるけど、
自身が大学生の頃は、
サークルにも属さず、ただの連休になってしまい、
居場所が無いのは、なかなか辛かった、
嘘!(笑)、呑気に本など読んでた♨️

4年生にもなれば、
少しは生産的にと、卒業論文のためと称して、
坂口安吾の故郷、新潟を訪れたものの、
日が短くなってきた、ちょうど今頃、
山深い松之山温泉から逃げるように下って、
十日町に半泣きで辿り着いたときには、

流石に、独りは淋しいなあ、と思ったね(苦笑)

今や、新潟生まれのパートナーと一緒にいるのも
不思議だ(笑)

人と生まれて、
どんな距離感で人と関わるか、
あれから30年近く経て、
わかったことは、あまりない。

敢えて言うなら、
〈オープンであること〉
つまり、
〈自身の中に、怖れや不安を、
いつまでも抱え込まないでいること〉
かもしれないね♥️

後は、どうぞお好きに🎵
て感じだな(笑)

あの頃のボクに、
言ってやりたかったよ✨

合掌


個人セッションは、こちらから🎵
✨ビーイング・ハグへ、ようこそ✨



+:-:+:-+:-:+:-:+:-+:-:+:-:+:-+:-:+:-:+:-+:-:+:
~ビーイング・サンガ(存在の集い)のお知らせ~

第12回目は、
「そう言えば、あれどうなった❗」です。

忘れてるとは、言わせません。

ここでも回を設けましたし、
こことは関係なくても、
初詣かなんかで、今年の目標、
設定しましたよね✨

検証するって言いましたから、
やります(笑)

根掘り葉掘り聞くわけではないですけど、
そのプロセス、辿ってみるのも一興ですよ🎵

12月でなく、11月にやるのも、
何か意味がありそうですから、

どうぞお気軽にご参加ください。
お待ちしてます。

日時:2017年11月11日(土) 13:00~16:00
アクセス:
JR中央線(快速) 吉祥寺駅から徒歩3分
JR中央・総武線 吉祥寺駅から徒歩3分
JR中央本線(東京~塩尻) 吉祥寺駅から徒歩3分
京王井の頭線 井の頭公園駅から徒歩12分
京王井の頭線 吉祥寺駅から徒歩4分
参加費:3,000円(税込)
お申し込み:
mailto:tgfromg@gmail.comからお願いします。
※場所など詳細は、お申し込み時にお知らせします。

それでは、お待ちしております。
+:-:+:-:+:-+:-:+:-:+:-+:-:+:-:+:-+:-:+:-:+:-+
スポンサーサイト













管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ QRコード

QR


copyright 2005-2007 ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記