FC2ブログ
ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~

■ プロフィール

今西和彦

Author:今西和彦
1967年広島生まれ 
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
横浜市在住


◎米国催眠士協会
 認定ヒプノセラピスト
 (National Guild of Hypnotists)
◎米国催眠療法協会
 認定ヒプノセラピスト
 (American Board of Hypnotherapy)
◎米国アルケミー催眠協会
認定ソマティックヒーリング
上級コース修了
 (Alchemy Institute of Hypnosis)
◎日本ホリスティックアカデミー
前世療法プロコース修了
年齢退行療法プロコース修了
◎QE(クォンタムエントレインメント)ヒーリング
基礎&上級&ユーフィーリング& アート・オブ・スティルネスコース修了
◎量子波ヒーラー養成コース修了(導入&S1&S2)
◎整体師
◎レイキティーチャー

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (32)
意識 (1506)
お気に入り (652)
ヒプノセラピー (117)
セラピー (74)
からだ (136)
ビーイングセラピー (183)
ヒプノセンス (168)

■ セッション、セミナー、ワークショップ等、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

■ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

誰の事態?
ある厄介な事態が起きたとき、
当事者、関係者は、
事態収拾に向け、迅速に努める。
出来るだけ、客観的に。

一方、セラピーなんかでは、
客観的のみならず、
主観的、心理的なアプローチも試みる。

まあ、事態が、無事に収拾すれば、
一応、そのプロセスを、
当事者、関係者各自、ふり返り、
反省と共に、再発防止の対策を講じる。

以上...では、
ボクは納得しません(笑)

たとえば、より俯瞰的に、
その事態のプロセスを
観察していたとしたら、

個人に帰結する問題としてだけでなく、
場が生み出す、
暗示、前兆、投影、等を通して、
もしかしたら、
そのプロセスに変化をもたらすことが、
出来たかもしれない。
そうでなくとも、
少なくとも、経験値として、
次回に活かせそうな気もする。

少し難しそうに聞こえるかもしれないけど、

ボクがたまたま読んでた本のテーマと、
ある事態が、急にリンクして、
理解がより深まるときなど、

一体、これは、
誰にとっての事態なのかな?
なんて思ったんだよね✨

何がどう絡んでいくか、
本当に不思議だね、
だから、決めつけ、思い込みで、
一喜一憂するのは、馬鹿らしいよ(笑)

合掌
スポンサーサイト













管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ QRコード

QR


copyright 2005-2007 ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記