FC2ブログ
ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~

■ プロフィール

今西和彦

Author:今西和彦
1967年広島生まれ 
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
横浜市在住


◎米国催眠士協会
 認定ヒプノセラピスト
 (National Guild of Hypnotists)
◎米国催眠療法協会
 認定ヒプノセラピスト
 (American Board of Hypnotherapy)
◎米国アルケミー催眠協会
認定ソマティックヒーリング
上級コース修了
 (Alchemy Institute of Hypnosis)
◎日本ホリスティックアカデミー
前世療法プロコース修了
年齢退行療法プロコース修了
◎QE(クォンタムエントレインメント)ヒーリング
基礎&上級&ユーフィーリング& アート・オブ・スティルネスコース修了
◎量子波ヒーラー養成コース修了(導入&S1&S2)
◎整体師
◎レイキティーチャー

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (32)
意識 (1506)
お気に入り (652)
ヒプノセラピー (117)
セラピー (74)
からだ (136)
ビーイングセラピー (183)
ヒプノセンス (158)

■ セッション、セミナー、ワークショップ等、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

■ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

そのプロセスに目を凝らす
昨日飛んでしまった文章は
また日をあらためて...

さて、
ボクの文章の中で時折
「心静かに自分に向き合う」とさらっと言って
締めくくる場合があるのだけど
もう少し詳しく説明した方が良さそうだ。

いろんな問題に直面した時にはもちろん、
普段からその習慣があると良い。

と言っても、
瞑想とかそういうことではなくて
(もちろん瞑想でもいい)
自分との対話の時間を
先ずは意識的に持った方が良い。

ただ、ちょっとしたコツが必要になる。

なぜなら、人は、
放っておいても四六時中自分と対話をしている
...と思っているから。
実は、自分だと思っているその時の相手は、
いつもの思考や感情の反応のパターンに
どうにかこうにか事態を押し込んでいくだけの存在で
あまり成果は芳しくないのはわかっているはず。
そう、いつもの堂々巡りというやつ...奴。

先ずは、いきなり答えを見いだそうとせず
自分がどんな風に、その事態に向き合おうとしているのかを
観察することが大事なのだ。
「対話」の前にやること、それは「向き合う」こと、
しかも「心静か」でなければ、話は聴けない。

そのプロセスを何度か観察するうちに
自然と対話が始まるかもしれないし
答えが導きだされるかもしれない。

もう一つ付け加えておくと
その答えや気づきというのは、
対話以外の時にも不意にやってくるので、
注意を怠りなく。

電車の隣の席に座っている女性におんぶされている赤ちゃんに
突然耳たぶをギューッと引っ張られたり
大事な会議用にセットしたおびただしい資料の束を
水たまりの上にぶちまけたり...
まあ、そんなところかな(笑)

そして、この習慣が板についてくると
本番が待っている。

じゃあ、そもそも「自分」て何なんだ、
といういつもの問いかけ。

エレファントカシマシ『ハナウタ~遠い昔からの物語~』
ユーチューブでどうぞ
スポンサーサイト













管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ QRコード

QR


copyright 2005-2007 ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記