FC2ブログ
ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~

■ プロフィール

今西和彦

Author:今西和彦
1967年広島生まれ 
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
横浜市在住


◎米国催眠士協会
 認定ヒプノセラピスト
 (National Guild of Hypnotists)
◎米国催眠療法協会
 認定ヒプノセラピスト
 (American Board of Hypnotherapy)
◎米国アルケミー催眠協会
認定ソマティックヒーリング
上級コース修了
 (Alchemy Institute of Hypnosis)
◎日本ホリスティックアカデミー
前世療法プロコース修了
年齢退行療法プロコース修了
◎QE(クォンタムエントレインメント)ヒーリング
基礎&上級&ユーフィーリング& アート・オブ・スティルネスコース修了
◎量子波ヒーラー養成コース修了(導入&S1&S2)
◎整体師
◎レイキティーチャー

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (32)
意識 (1506)
お気に入り (652)
ヒプノセラピー (117)
セラピー (74)
からだ (136)
ビーイングセラピー (183)
ヒプノセンス (158)

■ セッション、セミナー、ワークショップ等、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

■ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

オブラートに包まれて
真理と言われるようなものを目の前にしたら
あまりの衝撃にポカンとしてしまうか、
あるいは、その迫力に逃げ出してしまうか、
嗚咽して化粧がぐちゃぐちゃになるか...

むき出しであることの弊害もあるようで
世の常として、
オブラートに包んで、相手を見ながら
噛んで含めるように伝える方法がある。

例えば、仏教の中でも
「方便品(ほうべんぼん)」「譬喩品(ひゆほん)」などと言って
わかりやすくその趣旨を伝えようとする章立てがある。
というか、
膨大なお経そのものが、
お釈迦様の教えの方便、比喩そのものなのだ。
これは、成文化されているほとんどの宗教に当てはまる。

そして、これは宗教に限らない。

様々な学びにおいて
これこそ真実、真理だと、
その核心にふれ、胸躍らせることがある、

しかし、
隣人は、それを嘘っぱちだと言うかもしれない。

どちらもOKだ。

それぞれにそれぞれの真実、真理の現れ方がある。
赤のオブラート、青のオブラートの違いぐらいの話...

だから、
一喜一憂する前に
先ずは、方便や比喩のはたらきを認め
その奥にひそむ真理の存在に向かう勇気を養うことだ。
ただし、オブラートに包まれたボンタン飴を食べるように
リラックスしてね(笑)

荒井由実『やさしさに包まれたなら』
ユーチューブでどうぞ
スポンサーサイト













管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ QRコード

QR


copyright 2005-2007 ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記