FC2ブログ
ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~

■ プロフィール

今西和彦

Author:今西和彦
1967年広島生まれ 
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
横浜市在住


◎米国催眠士協会
 認定ヒプノセラピスト
 (National Guild of Hypnotists)
◎米国催眠療法協会
 認定ヒプノセラピスト
 (American Board of Hypnotherapy)
◎米国アルケミー催眠協会
認定ソマティックヒーリング
上級コース修了
 (Alchemy Institute of Hypnosis)
◎日本ホリスティックアカデミー
前世療法プロコース修了
年齢退行療法プロコース修了
◎QE(クォンタムエントレインメント)ヒーリング
基礎&上級&ユーフィーリング& アート・オブ・スティルネスコース修了
◎量子波ヒーラー養成コース修了(導入&S1&S2)
◎整体師
◎レイキティーチャー

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (32)
意識 (1506)
お気に入り (652)
ヒプノセラピー (117)
セラピー (74)
からだ (136)
ビーイングセラピー (183)
ヒプノセンス (148)

■ セッション、セミナー、ワークショップ等、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ カレンダー

05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

■ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

理解の様相
理解が進むとは、
たとえそれが、直感的なものであれ、
段階的である。

論理的に、直線的に、
ゆっくり進むこともあれば、
散発的に、統合的に、
あっという間に進むこともある。

ただし、上記の様な
時空間的な側面だけでは、
なかなか進めない場合がある。

ここに、理解の様相を
がらりと変える本質がある。

何ごとも、
全てを即座に理解することは困難だ。
むしろ、最初のうちは、
理解出来ないことの方が多い。
しかし、そこで諦めてはいけない。
必ず、自分の中で、
理解しているところがある。
それが突破口になる。
いや、それがあるからこそ、
理解を進めて来れたのだ。

さて、
冒頭の二つの理解の進み方に戻る。
二つは、相反する方法ではない。
交互に利用しながら、
その突破口に挑めば良い。

必ず、理解が進み始める。

今日の話は、
面倒くさそうだけど、
理解することそのものを理解した
胃が痛くなるような、
ボクの体験談だ(苦笑)

ふ~

合掌
スポンサーサイト



■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ QRコード

QR


copyright 2005-2007 ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記