FC2ブログ
ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~

■ プロフィール

今西和彦

Author:今西和彦
1967年広島生まれ 
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
横浜市在住


◎米国催眠士協会
 認定ヒプノセラピスト
 (National Guild of Hypnotists)
◎米国催眠療法協会
 認定ヒプノセラピスト
 (American Board of Hypnotherapy)
◎米国アルケミー催眠協会
認定ソマティックヒーリング
上級コース修了
 (Alchemy Institute of Hypnosis)
◎日本ホリスティックアカデミー
前世療法プロコース修了
年齢退行療法プロコース修了
◎QE(クォンタムエントレインメント)ヒーリング
基礎&上級&ユーフィーリング& アート・オブ・スティルネスコース修了
◎量子波ヒーラー養成コース修了(導入&S1&S2)
◎整体師
◎レイキティーチャー

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (32)
意識 (1506)
お気に入り (652)
ヒプノセラピー (117)
セラピー (74)
からだ (136)
ビーイングセラピー (183)
ヒプノセンス (162)

■ セッション、セミナー、ワークショップ等、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ カレンダー

12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

■ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

あの感覚
ある少年は、
自分が住む団地群の裏山の山頂に、
自分専用の小型の宇宙船があると信じていた。

しかるべき時が来たら、
乗り込んで、
逃げても戦ってもいいやと思っていた。

しかし、
その、しかるべき時はなかなかやって来ず、
すっかり大人になってしまった。

大人になった彼に出来ることは、
夜な夜な寝床に入って、
そのしかるべき時を、妄想するだけ。

でも、いつしかその行為は、
彼に別な安寧をもたらしていた。

絶対的安全領域の感覚

イメージの世界ではあっても、
完璧だった。

逃げたり戦ったりのストーリーなんて
どうでもいい。

この絶対的安全領域こそ、
求めるものだったことに気づいた。

しかも、その領域は、
裏山の山頂でも、イメージの世界でもなく、
ずっと、ここにあったのだ。

一昨日、昨日に続く話。

内なる静けさとは、そういうものだ。
みんな、思いあたるでしょ。

さあ、
今夜は久しぶりに、
あの裏山に行ってみるか(笑)

合掌
スポンサーサイト



■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ QRコード

QR


copyright 2005-2007 ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記