FC2ブログ
ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~

■ プロフィール

今西和彦

Author:今西和彦
1967年広島生まれ 
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
横浜市在住


◎米国催眠士協会
 認定ヒプノセラピスト
 (National Guild of Hypnotists)
◎米国催眠療法協会
 認定ヒプノセラピスト
 (American Board of Hypnotherapy)
◎米国アルケミー催眠協会
認定ソマティックヒーリング
上級コース修了
 (Alchemy Institute of Hypnosis)
◎日本ホリスティックアカデミー
前世療法プロコース修了
年齢退行療法プロコース修了
◎QE(クォンタムエントレインメント)ヒーリング
基礎&上級&ユーフィーリング& アート・オブ・スティルネスコース修了
◎量子波ヒーラー養成コース修了(導入&S1&S2)
◎整体師
◎レイキティーチャー

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (32)
意識 (1506)
お気に入り (652)
ヒプノセラピー (117)
セラピー (74)
からだ (136)
ビーイングセラピー (183)
ヒプノセンス (135)

■ セッション、セミナー、ワークショップ等、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ カレンダー

11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

新しい風
新しい知識や体験と、どう付き合うか。

他を出し抜くため、あるいは、論争の糧、
さらには、自己満足...

満たされないうちは、
というより、新しいものは、
次から次へとやって来るから、
満たされるということ自体がない。

子どもも、似たような行動をとるが、
決定的に違うのは、
満足して、次に移行する。
足るを知るのは、子どもの方だ。
その代わり、満足するまでは、
テコでも動かないけどね(笑)

さあ、大人とどこが違うのだろう?

子どもは、新しさそのものに集中する。
没入するから、吸収も早い。
大人は、いろいろ考え、思うところもあって、
なかなか集中しにくい。
それはそれで良いが、
どこか判然としないものを抱えながらだから、
また、次を求め、期待もしてしまう。

実は、新しさよりも、
過去の自分に囚われている。
もっと言うと、足下すくわれるような
変化を怖れているのだ。

過去の自分があったからこそ、
今の自分がある。
新しさなんて、
これもまた、旧くなる。
怖れないで、この新しさと、
ちょっと戯れていれば良い。

そのうち、また、
新しい風が吹いてくる。

あなたも子どもだったのだから、
忘れていようが必ずある。
ワクワクして、
新しい知識や経験に、飛びついたこと(笑)

合掌
スポンサーサイト



■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ QRコード

QR


copyright 2005-2007 ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記