FC2ブログ
ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~

■ プロフィール

今西和彦

Author:今西和彦
1967年広島生まれ 
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
横浜市在住


◎米国催眠士協会
 認定ヒプノセラピスト
 (National Guild of Hypnotists)
◎米国催眠療法協会
 認定ヒプノセラピスト
 (American Board of Hypnotherapy)
◎米国アルケミー催眠協会
認定ソマティックヒーリング
上級コース修了
 (Alchemy Institute of Hypnosis)
◎日本ホリスティックアカデミー
前世療法プロコース修了
年齢退行療法プロコース修了
◎QE(クォンタムエントレインメント)ヒーリング
基礎&上級&ユーフィーリング& アート・オブ・スティルネスコース修了
◎量子波ヒーラー養成コース修了(導入&S1&S2)
◎整体師
◎レイキティーチャー

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (32)
意識 (1506)
お気に入り (652)
ヒプノセラピー (117)
セラピー (74)
からだ (136)
ビーイングセラピー (183)
ヒプノセンス (148)

■ セッション、セミナー、ワークショップ等、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ カレンダー

09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

■ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

信頼の土台
確かに、ぐらついて、傾いて、大変だ。
例のマンション。

別な視点でとらえる。

「信頼を失った、損なった」
という表現が多用されている。

この「信頼」、当然のように、
二者以上の関係性を前提にして話が進む。

だから、「失ったり、損なったり」したら、
当事者間で、その関係性の修復、再構築、
あるいは、破綻もあったりする。
実務的にはそうだろう。

でも、それだけでは、
全く不十分。

当事者各人が、
どんな立場であれ、
「自己への信頼」について、
あらためて、向き合う必要がある。

難しいことではない、
自分は、何を受け入れ、何を怖れているのか、
何に喜び、何を嫌悪するのか、
そんなことの集積が、
「自己への信頼」なのだ。

これが、
全ての「信頼の土台」になる。

他人事と思わず、
あなたのぐらつき、
ちょっと見直してみると良い。

合掌
スポンサーサイト



■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ QRコード

QR


copyright 2005-2007 ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記