FC2ブログ
ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~

■ プロフィール

今西和彦

Author:今西和彦
1967年広島生まれ 
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
横浜市在住


◎米国催眠士協会
 認定ヒプノセラピスト
 (National Guild of Hypnotists)
◎米国催眠療法協会
 認定ヒプノセラピスト
 (American Board of Hypnotherapy)
◎米国アルケミー催眠協会
認定ソマティックヒーリング
上級コース修了
 (Alchemy Institute of Hypnosis)
◎日本ホリスティックアカデミー
前世療法プロコース修了
年齢退行療法プロコース修了
◎QE(クォンタムエントレインメント)ヒーリング
基礎&上級&ユーフィーリング& アート・オブ・スティルネスコース修了
◎量子波ヒーラー養成コース修了(導入&S1&S2)
◎整体師
◎レイキティーチャー

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (32)
意識 (1506)
お気に入り (652)
ヒプノセラピー (117)
セラピー (74)
からだ (136)
ビーイングセラピー (183)
ヒプノセンス (172)

■ セッション、セミナー、ワークショップ等、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ カレンダー

09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

■ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

続・本能だから
昨日の続き...

憎らしい奴まで、愛すべきなんて、
出来るわけないじゃん!
という意見も当然ある。

よくわかるけど、
それは、あなたの愛する了見、
もしくは、思い込みが狭いだけ。

本能の発露を、それなりに許容してるんだから、
好き嫌いとか、何だか虫が好かないとか、
全然良いんだって。

ただ、それを後から、
いろんな理屈でもっともらしくして、
しまいに、
自分が一番苦しそうにしてるから、
やっぱり、何かおかしい。

そこで、相手をもう一度観てみる。
お互いに、何かが本能的に反応して、
そこに、思考や感情がくっついてきただけ。
憎らしい事象があったとしても、
各々の存在は、ずっとそこに在るだけ。
この在り様こそが、愛すべきなんだよね。

だから、無理矢理距離を縮めたり
仲良くする必要もなく、
そうなんだなあ、と思っていれば良い。

本能を馬鹿にする前に、
それを馬鹿にする自分を、
先ずは、よく観察すべきだ。

合掌
スポンサーサイト



■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ QRコード

QR


copyright 2005-2007 ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記