FC2ブログ
ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~

■ プロフィール

今西和彦

Author:今西和彦
1967年広島生まれ 
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
横浜市在住


◎米国催眠士協会
 認定ヒプノセラピスト
 (National Guild of Hypnotists)
◎米国催眠療法協会
 認定ヒプノセラピスト
 (American Board of Hypnotherapy)
◎米国アルケミー催眠協会
認定ソマティックヒーリング
上級コース修了
 (Alchemy Institute of Hypnosis)
◎日本ホリスティックアカデミー
前世療法プロコース修了
年齢退行療法プロコース修了
◎QE(クォンタムエントレインメント)ヒーリング
基礎&上級&ユーフィーリング& アート・オブ・スティルネスコース修了
◎量子波ヒーラー養成コース修了(導入&S1&S2)
◎整体師
◎レイキティーチャー

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (32)
意識 (1506)
お気に入り (652)
ヒプノセラピー (117)
セラピー (74)
からだ (136)
ビーイングセラピー (183)
ヒプノセンス (168)

■ セッション、セミナー、ワークショップ等、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ カレンダー

04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

■ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

間の実相
落語に接する中、
話し言葉を読み物に移し返る、
逆に、読み物を実際に話してみると、
その間に、相当なギャップがある。

そこを埋めるものは、一体何なのだろう?

表現方法、形式、物理的な質と量のバランス、
もちろん、テクニック、経験。
ただ、そういう問題でもないんだよな...

先日、ある読み物を読んでいるとき、
自然と、そのギャップが埋められていくのを感じた。
あたかもその場で演じられているように、
声色が変化する。
読んでいるのか、聴いているのかわからないぐらいの臨場感(笑)

そのギャップとは、
まさしく、<間>であり、<空気>であり、
慣れ親しみ、まるごと受容していくことで、
生まれた<統合>、いや、
<浸透>の方がしっくりする感じだな(笑)

そして、この理解が、
別な場面でも活かされることを、
明日書いてみようかな。
お楽しみに(笑)

合掌
スポンサーサイト



■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ QRコード

QR


copyright 2005-2007 ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記