FC2ブログ
ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~

■ プロフィール

今西和彦

Author:今西和彦
1967年広島生まれ 
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
横浜市在住


◎米国催眠士協会
 認定ヒプノセラピスト
 (National Guild of Hypnotists)
◎米国催眠療法協会
 認定ヒプノセラピスト
 (American Board of Hypnotherapy)
◎米国アルケミー催眠協会
認定ソマティックヒーリング
上級コース修了
 (Alchemy Institute of Hypnosis)
◎日本ホリスティックアカデミー
前世療法プロコース修了
年齢退行療法プロコース修了
◎QE(クォンタムエントレインメント)ヒーリング
基礎&上級&ユーフィーリング& アート・オブ・スティルネスコース修了
◎量子波ヒーラー養成コース修了(導入&S1&S2)
◎整体師
◎レイキティーチャー

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (32)
意識 (1506)
お気に入り (652)
ヒプノセラピー (117)
セラピー (74)
からだ (136)
ビーイングセラピー (183)
ヒプノセンス (172)

■ セッション、セミナー、ワークショップ等、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ カレンダー

10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

■ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

フォーカスと選択
ある状況に対して、
「みんなAにフォーカスするのだけど、私はBにするわ」
と、若干の優越感が含まれるとき、
たとえば、そこにスピリチュアルなニュアンスがある場合、
ちょっと面倒だね(苦笑)

以前なら、フォーカスの問題として、
簡単に同意したかもしれない。

しかし、結局は、選択の問題に立ち戻る。

つまり、その選択の根拠、さらには、
その主体が問われぬまま、
永遠にその物語に翻弄されるだけだ。

もちろん、生きるとは選択の連続なので
避ける必要もないのだけど、
スピリチュアルなニュアンスを盛る必要もない。

<あるがまま>を腹にどっかと入れ込んで、
あらためて、選択の物語に遊べば良い。

そして始めて、フォーカスの真の意味が理解される。

もともと選択に根拠などなく、
また、その主体など、はなっからありはしない。

<あるがまま>が、
<あるがまま>に見たり、見られたり...

不思議、不思議...
受けて立つ、受けて立つ...

合掌


※引き続きの連絡事項
     只今、PC不具合の為、
     私宛の連絡は、公信・私信問わず、
     下記のアドレスにお願いします。
      
      tg-from-g@docomo.ne.jp
    
    ☆ここ3日間で、私からの返信がない方は、
      お手数ですが、上記宛に再度ご連絡お願いします。
スポンサーサイト



■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ QRコード

QR


copyright 2005-2007 ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記