FC2ブログ
ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~

■ プロフィール

今西和彦

Author:今西和彦
1967年広島生まれ 
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
横浜市在住


◎米国催眠士協会
 認定ヒプノセラピスト
 (National Guild of Hypnotists)
◎米国催眠療法協会
 認定ヒプノセラピスト
 (American Board of Hypnotherapy)
◎米国アルケミー催眠協会
認定ソマティックヒーリング
上級コース修了
 (Alchemy Institute of Hypnosis)
◎日本ホリスティックアカデミー
前世療法プロコース修了
年齢退行療法プロコース修了
◎QE(クォンタムエントレインメント)ヒーリング
基礎&上級&ユーフィーリング& アート・オブ・スティルネスコース修了
◎量子波ヒーラー養成コース修了(導入&S1&S2)
◎整体師
◎レイキティーチャー

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (32)
意識 (1506)
お気に入り (652)
ヒプノセラピー (117)
セラピー (74)
からだ (136)
ビーイングセラピー (183)
ヒプノセンス (157)

■ セッション、セミナー、ワークショップ等、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ カレンダー

03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

■ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

エゴの成長
子どもの頃、
山あいの親戚の家に行くのは、楽しみでも、
泊まるのが、どうも苦手だった。

田舎の夜は徹底的に暗いし、
物音一つしないと思えば、
急に時計がゴーンと鳴り出したりする(苦笑)

田舎に限らず、
いつもと違う空間が怖かったのだ。

それが、
大学受験で関西のホテルに宿泊するようになってから、
平気になった。

東京で一人暮らしを始めた時も、
全くそんな心配などしなかった。

どういうことなんだろう...

きっと、
エゴの境界線が、良くも悪くも強固になり、
その範囲も拡大したんだろうね。

それを、成長と呼ぶのかな(笑)

不思議と今でも、
その親戚の家に行くと、ちょっと警戒する。
でも、ボクは、
アルコールの力を借りることが出来る程成長した(笑)

ただ、強固になったものは、
危くもなるし、脆くもなる。

つまりは、これがエゴの弱点であり、
もう誰にも頼れないと思い込んでいる
成長した大人一人の悩みなのだ。


スポンサーサイト



■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ QRコード

QR


copyright 2005-2007 ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記