FC2ブログ
ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~

■ プロフィール

今西和彦

Author:今西和彦
1967年広島生まれ 
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
横浜市在住


◎米国催眠士協会
 認定ヒプノセラピスト
 (National Guild of Hypnotists)
◎米国催眠療法協会
 認定ヒプノセラピスト
 (American Board of Hypnotherapy)
◎米国アルケミー催眠協会
認定ソマティックヒーリング
上級コース修了
 (Alchemy Institute of Hypnosis)
◎日本ホリスティックアカデミー
前世療法プロコース修了
年齢退行療法プロコース修了
◎QE(クォンタムエントレインメント)ヒーリング
基礎&上級&ユーフィーリング& アート・オブ・スティルネスコース修了
◎量子波ヒーラー養成コース修了(導入&S1&S2)
◎整体師
◎レイキティーチャー

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (32)
意識 (1506)
お気に入り (652)
ヒプノセラピー (117)
セラピー (74)
からだ (136)
ビーイングセラピー (183)
ヒプノセンス (162)

■ セッション、セミナー、ワークショップ等、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ カレンダー

03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

■ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

頭の片隅にでも
ここで書くような話は、
目で見、手にとって直に触れるようなことでもないので、
どうしても、まだるっこしさを禁じ得ず、
しばしば、たとえ話を使う。

定番もある。

 真我を映画のスクリーンにたとえ、
 人間を含むこの世界全ては、
 そのスクリーンの上に展開される映像である、とする。
 映像の中の登場人物は、そのことに気づくこともないし、
 ストーリーの展開にも一切関与出来ない、ことを知らない。

 さらに、映写機、光源、照射される光、観客を
 様々にたとえて、理解を促す。

さあ、これは定番の話だから珍しくもない。
問題は、ここから(笑)

このたとえ話が、
いくら偉大な方の的を得たものであっても、
所詮、お話、観念に過ぎない。

ふむふむと言っている存在が、
芯から体験的に理解しなければ、
逆に、余計な話と、なりかねない。

でも、その体験的理解がいつ訪れるかなんて
わからないんだから、しょうがないね(笑)

知的理解とは、
いつかのための予備知識程度に考えておけば良い。

ここでのボクの話も、
軽々しいけど、時に化けるから、
頭の片隅にでも置いといてね(笑)


スポンサーサイト



■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ QRコード

QR


copyright 2005-2007 ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記