FC2ブログ
ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~

■ プロフィール

今西和彦

Author:今西和彦
1967年広島生まれ 
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
横浜市在住


◎米国催眠士協会
 認定ヒプノセラピスト
 (National Guild of Hypnotists)
◎米国催眠療法協会
 認定ヒプノセラピスト
 (American Board of Hypnotherapy)
◎米国アルケミー催眠協会
認定ソマティックヒーリング
上級コース修了
 (Alchemy Institute of Hypnosis)
◎日本ホリスティックアカデミー
前世療法プロコース修了
年齢退行療法プロコース修了
◎QE(クォンタムエントレインメント)ヒーリング
基礎&上級&ユーフィーリング& アート・オブ・スティルネスコース修了
◎量子波ヒーラー養成コース修了(導入&S1&S2)
◎整体師
◎レイキティーチャー

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (32)
意識 (1506)
お気に入り (652)
ヒプノセラピー (117)
セラピー (74)
からだ (136)
ビーイングセラピー (183)
ヒプノセンス (162)

■ セッション、セミナー、ワークショップ等、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ カレンダー

02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

■ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ぬるいコーヒー
桜の開花のニュースと、
春の選抜高校野球、
試合開始のサイレンの音を聴きながら、
ボクのオーダーするコーヒーは、
ホットからアイスに変わった。

日本人は、
お茶とコーヒーは熱々で、
ビールはキンキンに冷えたものを好む。

嗜好品だからこそ、
そういうしつらえにはうるさいんだよね(笑)

でも、よく考えてごらん。

口元に持って来るまで、
どれほど熱々、キンキンであったとしても、
そのまんま、食道や胃に至ってしまっては、
味わうどころではない、単なる火傷だ(苦笑)

だから、みんな自然に、
口元でフーフーしたり、口の中で少し遊ばせて、
自分と言うより、
人間の身体にとっての適温に調整する。

外的な刺激、それに基づく好み、さらには傾向など、
その程度のことなのかもしれない。

そんなことに妙にこだわるより、
身体は十分に素直だ。

オーダーしたコーヒーも、
本を読むうち、いつの間にか、
ホットかアイスの区別もわからないぐらい
ぬるくなっているよ(笑)


スポンサーサイト



■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ QRコード

QR


copyright 2005-2007 ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記