FC2ブログ
ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~

■ プロフィール

今西和彦

Author:今西和彦
1967年広島生まれ 
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
横浜市在住


◎米国催眠士協会
 認定ヒプノセラピスト
 (National Guild of Hypnotists)
◎米国催眠療法協会
 認定ヒプノセラピスト
 (American Board of Hypnotherapy)
◎米国アルケミー催眠協会
認定ソマティックヒーリング
上級コース修了
 (Alchemy Institute of Hypnosis)
◎日本ホリスティックアカデミー
前世療法プロコース修了
年齢退行療法プロコース修了
◎QE(クォンタムエントレインメント)ヒーリング
基礎&上級&ユーフィーリング& アート・オブ・スティルネスコース修了
◎量子波ヒーラー養成コース修了(導入&S1&S2)
◎整体師
◎レイキティーチャー

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (32)
意識 (1506)
お気に入り (652)
ヒプノセラピー (117)
セラピー (74)
からだ (136)
ビーイングセラピー (183)
ヒプノセンス (157)

■ セッション、セミナー、ワークショップ等、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ カレンダー

02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

■ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

自動書記
今、この文章は、
こたつに入り、テレビを横に置きながら書いている。

書きたいことが腹にストンと落ちたら
テレビがどんな内容で放送されていようとも、
一気に書いて行ける。

思考を排除した、自動書記のようなもの(笑)

ただし、全くの思考なしでは、
そもそも考えをまとめることさえ出来ない。

その発現の程度が問題になる。

書き進んで行くうちに、思考が強くなり過ぎると、
たとえば、テレビの音声に引っ張られ始める。

そうなると、もう出だしの勢いは簡単に失せて、
テレビを止めるしかない。

これを普段の生活に当てはめる。

潜在意識の導きに素直に従っていれば、
周囲の環境(人間関係とかね)にそれほどふりまわされない。

ただし、そこに思考の占める割合が多くなり始めると、
どんどん周囲が気になり出す。

ただ、テレビのように、
その環境を無きものとすることなんて出来ない。

さて、ここでどうするか。

もう、みなさんはご存知。

何もすること、出来ることなんてない。
この一部始終に気づき、ただ無心に見届けるだけ。

さあ、今日のこの文章、
テレビはどうなったかな(笑)


スポンサーサイト



■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ QRコード

QR


copyright 2005-2007 ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記