FC2ブログ
ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~

■ プロフィール

今西和彦

Author:今西和彦
1967年広島生まれ 
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
横浜市在住


◎米国催眠士協会
 認定ヒプノセラピスト
 (National Guild of Hypnotists)
◎米国催眠療法協会
 認定ヒプノセラピスト
 (American Board of Hypnotherapy)
◎米国アルケミー催眠協会
認定ソマティックヒーリング
上級コース修了
 (Alchemy Institute of Hypnosis)
◎日本ホリスティックアカデミー
前世療法プロコース修了
年齢退行療法プロコース修了
◎QE(クォンタムエントレインメント)ヒーリング
基礎&上級&ユーフィーリング& アート・オブ・スティルネスコース修了
◎量子波ヒーラー養成コース修了(導入&S1&S2)
◎整体師
◎レイキティーチャー

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (32)
意識 (1506)
お気に入り (652)
ヒプノセラピー (117)
セラピー (74)
からだ (136)
ビーイングセラピー (183)
ヒプノセンス (172)

■ セッション、セミナー、ワークショップ等、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ カレンダー

02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

■ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

役を離れて
学生の頃、
不意に町で、担任の先生に会ったりすると、
普段はそれ程でもないのに、妙に親近感を覚えたりした。

職場でもそう。
社員旅行などに出かけると、
いつもなら出来るだけ避けたいような上司と
偶然同じ趣味の話題で盛り上がったりもする。

その場切りのことかもしれないが、
ここには、偶然以上の意義が伺える。

ボクらは、生命を授かった瞬間から、
様々な役を否応なく担う。

家族、近所、学校、職場...

そこには、いろんなルールがあって、
機能的である反面、
そこにいる一人の人間の素顔を
たくさんのベールで覆うことになる。

いい加減、みんなその役回りに疲れたり、
息苦しくもなるので、
冒頭の様に、役を離れたところでバッタリ会うと
やけに新鮮に相手に向き合うことが出来、
何だか嬉しくなるのだ。

もちろん、その時点だって、
それなりの役を担ってはいるのだけど、
バッタリのその瞬間は、まるで無防備で良いね(笑)

年齢を経る一つの楽しみは、
そういう役のしがらみから、少しずつ離れて行くことかもしれない。
でも、その時問われるのは、
素顔のボクとあなただ(笑)


スポンサーサイト



■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ QRコード

QR


copyright 2005-2007 ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記