FC2ブログ
ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~

■ プロフィール

今西和彦

Author:今西和彦
1967年広島生まれ 
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
横浜市在住


◎米国催眠士協会
 認定ヒプノセラピスト
 (National Guild of Hypnotists)
◎米国催眠療法協会
 認定ヒプノセラピスト
 (American Board of Hypnotherapy)
◎米国アルケミー催眠協会
認定ソマティックヒーリング
上級コース修了
 (Alchemy Institute of Hypnosis)
◎日本ホリスティックアカデミー
前世療法プロコース修了
年齢退行療法プロコース修了
◎QE(クォンタムエントレインメント)ヒーリング
基礎&上級&ユーフィーリング& アート・オブ・スティルネスコース修了
◎量子波ヒーラー養成コース修了(導入&S1&S2)
◎整体師
◎レイキティーチャー

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (32)
意識 (1506)
お気に入り (652)
ヒプノセラピー (117)
セラピー (74)
からだ (136)
ビーイングセラピー (183)
ヒプノセンス (168)

■ セッション、セミナー、ワークショップ等、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ カレンダー

10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

■ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

あきまへんなあ
一つのことをずっとやり続ける格好良さもあるが、
あれこれ多彩な道を模索するのも羨ましい。

「厭きること」とどう付き合うかの問題でもある。

相手が人ならば、
最後には、好き嫌いで白黒ハッキリさせることも出来るが、
趣味や仕事の場合、そんなことばかり言っていたら、
こらえ性がないとか、信頼の問題も浮上して来るかもしれない。

でも、「厭きた」んだからしょうがない。

そのこと自体に「厭きる」場合もあるし、
経験からその後のストーリーが予想出来るのかもしれないね。

ここでちょっと踏ん張る。
多彩な道を選ぶのは良いが、
似たようなストーリーをなぞるばかりでは芸がない、
周囲が批判的になるのも多少うなづける。

出来れば、以前とは別なアプローチで行くべきで、
それは取りも直さず、別な自分を表現することなのだ。

実はここで、
冒頭の、一つの道を極めんとする格好良さと
相通じるところが生まれる。

決してただのマンネリではない、
日々新しい自分を発見していく喜びを知っているからこそ、
一つの道にこだわり続けられるのだ。

さて、結論。

「厭きること」を怖れるな、
その向こうにきっと何かある、
そもそも自分自身を「厭きること」なんて出来ないんだし(笑)

合掌

スポンサーサイト



■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ QRコード

QR


copyright 2005-2007 ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記