FC2ブログ
ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~

■ プロフィール

今西和彦

Author:今西和彦
1967年広島生まれ 
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
横浜市在住


◎米国催眠士協会
 認定ヒプノセラピスト
 (National Guild of Hypnotists)
◎米国催眠療法協会
 認定ヒプノセラピスト
 (American Board of Hypnotherapy)
◎米国アルケミー催眠協会
認定ソマティックヒーリング
上級コース修了
 (Alchemy Institute of Hypnosis)
◎日本ホリスティックアカデミー
前世療法プロコース修了
年齢退行療法プロコース修了
◎QE(クォンタムエントレインメント)ヒーリング
基礎&上級&ユーフィーリング& アート・オブ・スティルネスコース修了
◎量子波ヒーラー養成コース修了(導入&S1&S2)
◎整体師
◎レイキティーチャー

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (31)
意識 (1506)
お気に入り (652)
ヒプノセラピー (117)
セラピー (74)
からだ (136)
ビーイングセラピー (183)
ヒプノセンス (134)

■ セッション、セミナー、ワークショップ等、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ カレンダー

09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

無表情の奥に
動物が好きな割に、
直に接するのが得意でないことは、
ここでも何度か触れた...

最近、その理由の一つがわかった。

 「だって、無表情だから何するかわかんないじゃん!」

表情に乏しい日本の中年男性が言うのはおこがましいが、
動物と生活をともにした経験がないので、
表情や仕草、雰囲気から、
動物の意図や感情を素早く読み取ることが出来ない、
だから、どうしても悪い方危ない方ばかり考えがちになる。

結果、知らぬ間に身構えてしまうから
動物の方だって、同じ態度に出てしまうよね...


しかし、必要に迫られて人は変わる、
セラピーなんて要らないかもしれない、
ボクのプロフィール写真を見てほしい(笑)

動物の中でもとりわけ苦手な鳥、
しかも、表情の乏しさから言ったらボク以上の文鳥が
手に乗っている...ほとんど奇跡(笑)

このプロセスは追々説明していくが、
そのお陰で、最近では、
巷の動物の無表情にも、平気になった...
もう少しでこっちから手を伸ばしちゃうぐらい(笑)

無表情の奥に存在する何かにやっと気づきました、
どうもありがとう。

ちなみに、この文鳥の名前は『ウメちゃん』
これからもたくさんここに登場すると思うので、
どうぞよろしくお願いします。


スポンサーサイト



■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ QRコード

QR


copyright 2005-2007 ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記