FC2ブログ
ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~

■ プロフィール

今西和彦

Author:今西和彦
1967年広島生まれ 
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
横浜市在住


◎米国催眠士協会
 認定ヒプノセラピスト
 (National Guild of Hypnotists)
◎米国催眠療法協会
 認定ヒプノセラピスト
 (American Board of Hypnotherapy)
◎米国アルケミー催眠協会
認定ソマティックヒーリング
上級コース修了
 (Alchemy Institute of Hypnosis)
◎日本ホリスティックアカデミー
前世療法プロコース修了
年齢退行療法プロコース修了
◎QE(クォンタムエントレインメント)ヒーリング
基礎&上級&ユーフィーリング& アート・オブ・スティルネスコース修了
◎量子波ヒーラー養成コース修了(導入&S1&S2)
◎整体師
◎レイキティーチャー

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (32)
意識 (1506)
お気に入り (652)
ヒプノセラピー (117)
セラピー (74)
からだ (136)
ビーイングセラピー (183)
ヒプノセンス (162)

■ セッション、セミナー、ワークショップ等、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ カレンダー

07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

■ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

忘れられない快感・解題
昨日の話、
一体何が快感だったのだろう...

単に人前で話をするのが好きだとか、
目立つところで一人注目されるのが気持ち良いとか...

あの時の心境をふり返ってみる...

 話す内容について、
 自社の商品・サービス、業界のことについては、
 営業マンである故、十分熟知している積りでいたので、
 あらためて準備をすることもなく進められ、
 さらに、会場には適度な緊張と熱があったので、
 話し手を巡る内と外の状況としては、最高だった。

 そして、その話し手は確かに二人いた...

 場の空気を読みながら滔々と勝手に話している潜在意識の自分、
 そして、それを恐ろしく客観的に観察しているもう一人の自分...

 まさに、ボールが止まって見える瞬間...絶好のチャンス...

 さらに、その話を受けた参加者の好意的な態度、応答の数々が
 自身の生存に関わる根源的な承認欲求を満たしてくれる...
 
 しかし、徐々に、
 自他さらには次元を、
 あたかもコントロール出来ているような錯覚が...
 
やはり、快感は曲者だ(苦笑)
いつまでも忘れられないでいると、苦痛を招きかねない...

人前に出て行く者は、その動機と内容はともかく、
実は、上記のような快感が忘れられない人々のことでもあるのだ。

あなたにも決してないとは言わせない、
ただ、くれぐれも曲者にはご用心を...

合掌

スポンサーサイト



■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ QRコード

QR


copyright 2005-2007 ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記