FC2ブログ
ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~

■ プロフィール

今西和彦

Author:今西和彦
1967年広島生まれ 
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
横浜市在住


◎米国催眠士協会
 認定ヒプノセラピスト
 (National Guild of Hypnotists)
◎米国催眠療法協会
 認定ヒプノセラピスト
 (American Board of Hypnotherapy)
◎米国アルケミー催眠協会
認定ソマティックヒーリング
上級コース修了
 (Alchemy Institute of Hypnosis)
◎日本ホリスティックアカデミー
前世療法プロコース修了
年齢退行療法プロコース修了
◎QE(クォンタムエントレインメント)ヒーリング
基礎&上級&ユーフィーリング& アート・オブ・スティルネスコース修了
◎量子波ヒーラー養成コース修了(導入&S1&S2)
◎整体師
◎レイキティーチャー

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (32)
意識 (1506)
お気に入り (652)
ヒプノセラピー (117)
セラピー (74)
からだ (136)
ビーイングセラピー (183)
ヒプノセンス (161)

■ セッション、セミナー、ワークショップ等、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ カレンダー

07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

■ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

金魚すくい・続
昨日の話をひっくり返す..

勘違いしてもらっては困る(笑)

<救い><救われ>という関係性は、
まったくもって幻想なのだ...

金魚が、生ぬるく少し濁った水槽で窮屈そうに喘ぎ、
そして、それに気づいた人間が、
速やかに、自前の完璧に整えられた水槽に持ち帰ったとしても
さらには、その行為も虚しく、
あっけなく亡くなったとしても、

誰に何の責任もなく、
ましてや、<救い>という概念の出番などない、
<救い主>なんて尚更なのだ(笑)

なぜなら、
<救い>という実際が、もし展開されるとしたら、
先ずは、
<救いがない>という現実を直視することからしか始まらない。

そして、その直視する行為は、
自分自身においてのみ可能なのだ。

ボクらが先ず行うべきは、
宗教であれ政治であれ科学であれ、
<救い>という概念とともにまとわりついた余計なものどもを
すっかり払い落し、
<救い>そのものを<救う>ことなのだ...

合掌

スポンサーサイト



■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ QRコード

QR


copyright 2005-2007 ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記