FC2ブログ
ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~

■ プロフィール

今西和彦

Author:今西和彦
1967年広島生まれ 
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
横浜市在住


◎米国催眠士協会
 認定ヒプノセラピスト
 (National Guild of Hypnotists)
◎米国催眠療法協会
 認定ヒプノセラピスト
 (American Board of Hypnotherapy)
◎米国アルケミー催眠協会
認定ソマティックヒーリング
上級コース修了
 (Alchemy Institute of Hypnosis)
◎日本ホリスティックアカデミー
前世療法プロコース修了
年齢退行療法プロコース修了
◎QE(クォンタムエントレインメント)ヒーリング
基礎&上級&ユーフィーリング& アート・オブ・スティルネスコース修了
◎量子波ヒーラー養成コース修了(導入&S1&S2)
◎整体師
◎レイキティーチャー

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (32)
意識 (1506)
お気に入り (652)
ヒプノセラピー (117)
セラピー (74)
からだ (136)
ビーイングセラピー (183)
ヒプノセンス (148)

■ セッション、セミナー、ワークショップ等、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ カレンダー

07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

■ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

開き直り
ある難題を提示されて、
即座に解決方法が浮かび、
自分はもちろん関係者にも、
よどみなく適切な指示が与えられるような、
そういう状況は、格好良くて憧れないこともないが、

実際のところ、
しどろもどろになって、
少ないひきだしをひっかきまわして、
冷や汗をかきながら、
それでも何とかギリギリ解決の糸口を捻出するのが
関の山だ(苦笑)

しかし、それで結構!(笑)

そこに、心理的な逡巡や葛藤が存在していなければ、
気にすることはない。

知識や経験というものは各々なのだから、
そんなところで考えられることなんて、
最初から制限だらけなのだ...

どうせなら開き直って、
そこに安穏としていれば、実は、道が開けて来る。
もちろん、最初のうちは、
いろいろ悩ましいこともある、
しかし、直に、それが得策でないこともよくわかってくる(笑)

これで、ウサギとカメのストーリーから、
抜け出ることが出来る...

「今ここ」にさえいれば、
そこに勝ち負け、競い合いはない、
いや、そもそも難題さえ存在しないことに気づくんだ(笑)

合掌

スポンサーサイト



■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ QRコード

QR


copyright 2005-2007 ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記