FC2ブログ
ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~

■ プロフィール

今西和彦

Author:今西和彦
1967年広島生まれ 
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
横浜市在住


◎米国催眠士協会
 認定ヒプノセラピスト
 (National Guild of Hypnotists)
◎米国催眠療法協会
 認定ヒプノセラピスト
 (American Board of Hypnotherapy)
◎米国アルケミー催眠協会
認定ソマティックヒーリング
上級コース修了
 (Alchemy Institute of Hypnosis)
◎日本ホリスティックアカデミー
前世療法プロコース修了
年齢退行療法プロコース修了
◎QE(クォンタムエントレインメント)ヒーリング
基礎&上級&ユーフィーリング& アート・オブ・スティルネスコース修了
◎量子波ヒーラー養成コース修了(導入&S1&S2)
◎整体師
◎レイキティーチャー

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (32)
意識 (1506)
お気に入り (652)
ヒプノセラピー (117)
セラピー (74)
からだ (136)
ビーイングセラピー (183)
ヒプノセンス (148)

■ セッション、セミナー、ワークショップ等、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ カレンダー

05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

■ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

潤う季節
この季節になると、
身の回りに、蒸し暑さとともに湿気が立ち込め、
何となく自分自身も、
ベトベトした感じにならないように心がけるものだ...

確かに、知らないうちに汗をかいたりするものだから
気がついた時には、その都度汗を拭う必要がある。

しかし、ここで注意も必要で、
体表は、外気に同調している面もあるので、
体の中は意外と水分が足りていない...

こまめな水分補給も大事になってくる...

と言いつつも、
体表はベトベトして、不要な水分を外に出すのもひと苦労なので
急な下痢で調節しようとしたり、
実に、人間の体は難儀なものである...

さあ、今日の話は何を言わんとしているのだろう(笑)

「湿潤」と言う言葉、表現、厳密な意味は知らないが
 人間の水気を巡り、
 「湿気」は、体表と外気の関係が連想され、
 「潤気」は、体内からのそれが想起される...

人間は何ごとにおいても、
常に、この表と裏の二重構造の中に在り、
そして、裏の方は得てして忘れがちになる...

そうならないためにも、
この季節を表する時、
「湿気が多いねえ」と言うよりも
「潤ってるねえ」の方が、ちょっと快適な気もして
話す人も聴く人も心地良いだろうね(笑)

スポンサーサイト



■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ QRコード

QR


copyright 2005-2007 ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記