FC2ブログ
ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~

■ プロフィール

今西和彦

Author:今西和彦
1967年広島生まれ 
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
横浜市在住


◎米国催眠士協会
 認定ヒプノセラピスト
 (National Guild of Hypnotists)
◎米国催眠療法協会
 認定ヒプノセラピスト
 (American Board of Hypnotherapy)
◎米国アルケミー催眠協会
認定ソマティックヒーリング
上級コース修了
 (Alchemy Institute of Hypnosis)
◎日本ホリスティックアカデミー
前世療法プロコース修了
年齢退行療法プロコース修了
◎QE(クォンタムエントレインメント)ヒーリング
基礎&上級&ユーフィーリング& アート・オブ・スティルネスコース修了
◎量子波ヒーラー養成コース修了(導入&S1&S2)
◎整体師
◎レイキティーチャー

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (32)
意識 (1506)
お気に入り (652)
ヒプノセラピー (117)
セラピー (74)
からだ (136)
ビーイングセラピー (183)
ヒプノセンス (167)

■ セッション、セミナー、ワークショップ等、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ カレンダー

05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

■ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ポジショニング
新しい環境に馴染むとは、
新しい人に馴染む、ということである。

新しい知識、技術、進め方など
慣れるまでは大変だろうが、
結局はその如何も、人に寄るところが大きい。

なぜなら、人は、どんな環境にあっても、
常にポジショニングというものに敏感であるからだ...
(空気を読まない、KYと呼ばれる人だって、その変化球に過ぎない)

そしてみんな、
出来るだけ自分にとって有利なポジションを獲得しようとする。
本能だからしょうがない...

過剰に敏感であれば、
新しい環境に臨むや、ひと際大きく声を上げたり、
自分に都合の良いルールをあたかも既成事実のごとく
まくしたてるようなことをする...

是非の問題ではなく、そんなこんなで、
新しい環境に属する人々は、
それなりのポジションを獲得、構成、了承していく...

時々、そんなやり取りに疲れて、一時休止してしまう人もいるが、
それも一つのポジションだと思うくらい
融通を利かせて考えれば良い。

一つ注意しておくことは、いつも言うことだけど、
決して、他者をコントロールすることは出来ない...
一時期出来たとしても、その後は、
その状況を保持するのに、本当に苦労するだけだ。
環境も同様で、ある時、急に変化することもあれば、
永遠に不変の様相を見せることもあるので、
後は、自分の選択次第になる...

あなたは、どんなポジションがお好みなのだろう...
そして、今、幸せなのかな?


○○さん、お父さんからこんな歌が届きましたよ、
またみんなで笑って逢いましょう...
合掌
スポンサーサイト



■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ QRコード

QR


copyright 2005-2007 ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記