FC2ブログ
ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~

■ プロフィール

今西和彦

Author:今西和彦
1967年広島生まれ 
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
横浜市在住


◎米国催眠士協会
 認定ヒプノセラピスト
 (National Guild of Hypnotists)
◎米国催眠療法協会
 認定ヒプノセラピスト
 (American Board of Hypnotherapy)
◎米国アルケミー催眠協会
認定ソマティックヒーリング
上級コース修了
 (Alchemy Institute of Hypnosis)
◎日本ホリスティックアカデミー
前世療法プロコース修了
年齢退行療法プロコース修了
◎QE(クォンタムエントレインメント)ヒーリング
基礎&上級&ユーフィーリング& アート・オブ・スティルネスコース修了
◎量子波ヒーラー養成コース修了(導入&S1&S2)
◎整体師
◎レイキティーチャー

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (32)
意識 (1506)
お気に入り (652)
ヒプノセラピー (117)
セラピー (74)
からだ (136)
ビーイングセラピー (183)
ヒプノセンス (162)

■ セッション、セミナー、ワークショップ等、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ カレンダー

04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

■ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ラポールのベクトル
「信頼関係を構築する」、
心理療法では、「ラポールをとる」という言い方をし、
セラピーやセッションを行う上で、
先ずは、大前提となる。

そのために、何が必要か...

世間に通じる、肩書きや資格、評判...
経済状況による社会的信用...
私生活を事細かにさらけ出す...
見た目、第一印象...

実は、セラピストとクライアントの組み合わせの数だけ、
「ラポール」のカタチはあるので、
全部正解とも言える。

過去から積み上げられた知識や経験、
それに基づいた信用や評判...あるに越したことはない。

しかし、「ラポール」にもベクトルはある。

クライアントは、
どれほど苛酷な過去、現実があろうと、
わずか半歩でも未来に歩み出そうとしている...

ならば、セラピストは、
そこに「ラポール」のベクトルを重ねるべきだ。

そのことに両者気づいた途端、
強力な「ラポール」が、セッションを導き始める...
ヒプノセラピー(催眠療法)なら、
後は、潜在意識にお任せで十分(笑)

心理療法に限らず、普段の生活においても
あなたの周囲に満足する信頼関係が築かれていないのであれば、
先ずは、過去、現在、未来の
どこに重点を置いて話をしようとしているかを、
今一度考えてみてはどうかな...

ボクらは、誰のどんな話を聴きたいのだろう...


スポンサーサイト



■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ QRコード

QR


copyright 2005-2007 ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記