FC2ブログ
ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~

■ プロフィール

今西和彦

Author:今西和彦
1967年広島生まれ 
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
横浜市在住


◎米国催眠士協会
 認定ヒプノセラピスト
 (National Guild of Hypnotists)
◎米国催眠療法協会
 認定ヒプノセラピスト
 (American Board of Hypnotherapy)
◎米国アルケミー催眠協会
認定ソマティックヒーリング
上級コース修了
 (Alchemy Institute of Hypnosis)
◎日本ホリスティックアカデミー
前世療法プロコース修了
年齢退行療法プロコース修了
◎QE(クォンタムエントレインメント)ヒーリング
基礎&上級&ユーフィーリング& アート・オブ・スティルネスコース修了
◎量子波ヒーラー養成コース修了(導入&S1&S2)
◎整体師
◎レイキティーチャー

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (32)
意識 (1506)
お気に入り (652)
ヒプノセラピー (117)
セラピー (74)
からだ (136)
ビーイングセラピー (183)
ヒプノセンス (158)

■ セッション、セミナー、ワークショップ等、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ カレンダー

04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

■ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

感情多面体
同じ人であっても、出会う出来事や人によって、
その都度、異なった感情が現われてくる...

当たり前と言えば、当たり前なんだけど、
何となく、傾向の様なものがあって、
他人からすれば、
あの人は穏やか、優しそう、
逆に、怒りっぽい、愚痴っぽいとかいう話になる。

当の本人も、いつの間にか、
そんな傾向を生来的なものと勘違いして、
率先してその役を強化し演じようとする。

それが、本人を始め、
周囲にも好ましいものであれば何も問題ないのだが、
本人が違和感を感じ始めているのに、
なかなか翻せないで苦しみ、ましてや、
罪悪感など持っていたりするのは、どうにも痛ましい。

いろんな感情を持つことは、
そもそも反応に過ぎないものでもあるから、
そこに善悪を絡めるのも酷だし、
だからと言って、軽んじるものでもない...

感情の多面体ぶりに翻弄されることなく、
ただその瞬間にとどまり、
過ぎ去って行くのを待つしかない...
そして初めて見えて来る世界、というものがきっとあるはずだ。

自分自身がそうであれば、
他人も同じことなのだから、
感情のレベルで、いつまでもギクシャクすることなんてなくなる...

あなたの感情は、
あなたが決めれば良いだけの、実に簡単な話(笑)


スポンサーサイト



■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ QRコード

QR


copyright 2005-2007 ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記