FC2ブログ
ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~

■ プロフィール

今西和彦

Author:今西和彦
1967年広島生まれ 
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
横浜市在住


◎米国催眠士協会
 認定ヒプノセラピスト
 (National Guild of Hypnotists)
◎米国催眠療法協会
 認定ヒプノセラピスト
 (American Board of Hypnotherapy)
◎米国アルケミー催眠協会
認定ソマティックヒーリング
上級コース修了
 (Alchemy Institute of Hypnosis)
◎日本ホリスティックアカデミー
前世療法プロコース修了
年齢退行療法プロコース修了
◎QE(クォンタムエントレインメント)ヒーリング
基礎&上級&ユーフィーリング& アート・オブ・スティルネスコース修了
◎量子波ヒーラー養成コース修了(導入&S1&S2)
◎整体師
◎レイキティーチャー

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (32)
意識 (1506)
お気に入り (652)
ヒプノセラピー (117)
セラピー (74)
からだ (136)
ビーイングセラピー (183)
ヒプノセンス (148)

■ セッション、セミナー、ワークショップ等、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ カレンダー

04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

■ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

重層的アプローチ
物事の進め方について、
ヒプノセラピー(催眠療法)に関わるようになってから、
何となく一つのカタチが出来た。

緩急、深浅、静動の波を意識するようになったことだ。

簡単に言ってしまえば、
顕在意識のレベルで、
ギリギリまで思考と経験のフィルターを通した
比較分析などを行いつつ
ある時点で、潜在意識に一任する如く、
全く忘れるか、放り投げてしまうのだ...

そして、また忘れた頃に、関心をぶり返す...

その時点で忘れず残っているものに、
以前よりさらに愛着が湧いて来たら本物だ。

そこからは、
顕在意識と潜在意識が上手く連携して、
多少の浮き沈みはあるものの、
概ね順調に進んで行く。

さあ、ここで、以前紹介した、
ある心理療法の未邦訳の英語本について...

実は、ここ一ヶ月半ぐらい触れていない(苦笑)

しかし、今動き出している実人生の波が、
きっと再挑戦の時に役立つことを確信してるので、
全く安心している(笑)

物事に重層的なアプローチをしていくことで
ようやく厚みのある理解が得られ、
心理療法なら、それではじめて、
セラピストの腹に入り、使えるものになっていく...
切実な学びというフィードバックがなければ、
絵に描いた餅だからね(笑)


スポンサーサイト



■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ QRコード

QR


copyright 2005-2007 ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記