FC2ブログ
ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~

■ プロフィール

今西和彦

Author:今西和彦
1967年広島生まれ 
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
横浜市在住


◎米国催眠士協会
 認定ヒプノセラピスト
 (National Guild of Hypnotists)
◎米国催眠療法協会
 認定ヒプノセラピスト
 (American Board of Hypnotherapy)
◎米国アルケミー催眠協会
認定ソマティックヒーリング
上級コース修了
 (Alchemy Institute of Hypnosis)
◎日本ホリスティックアカデミー
前世療法プロコース修了
年齢退行療法プロコース修了
◎QE(クォンタムエントレインメント)ヒーリング
基礎&上級&ユーフィーリング& アート・オブ・スティルネスコース修了
◎量子波ヒーラー養成コース修了(導入&S1&S2)
◎整体師
◎レイキティーチャー

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (32)
意識 (1506)
お気に入り (652)
ヒプノセラピー (117)
セラピー (74)
からだ (136)
ビーイングセラピー (183)
ヒプノセンス (148)

■ セッション、セミナー、ワークショップ等、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ カレンダー

04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

■ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

家族から受け継ぐもの
自分で作った夕食のおかずを眺めながら、
そのラインナップ、味付け、盛り付け、
さらには、片付けのやり方に至るまで、
生まれ育った家族の影響は色濃いなあ、とあらためて思う。

厳密に比較すれば、そこまで似てはいないのだろうけど、
間違いなくそこに、
その家族にしかなかった風味の様なものが漂っているはずだ。

家族から何か受け継ぐものがあるとしたら、
案外、そんなものぐらいしかないのかもしれない。

と言っても、代変わりし、
家族も様々に枝分かれしていくのだから
そのまま受け継がれる必要もない。

それぞれの家族の、
一番美味しいエッセンスの様なところを持ち寄って、
また新しい家族の味、風味が出来上がっていくのだろう...

こういう話をすると、
「私には、そんな思い出の味なんてない!」と
怒り出す人もいるかもしれないが、
「これから始めればいいんだよ」と言うしかない、
毎日のことなんだからね(笑)

おふくろの味、ばあちゃんの味、父ちゃんの味、
店屋物、冷凍食品、何だっていい、
そこには、あなたの家族の食卓にしかなかった何かがあったはずだ、
明確に表現出来なくて良い、
あなたが落ち込んだ時や、喜びの絶頂の時、
ふと思い出すこともあるだろう...

格式や伝統も大事だが、
あなたが受け継ぐものは、
一瞬にして幸せな感覚をもたらす、
家族との当たり前の食事、食卓の風景かもしれないね。


スポンサーサイト



■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ QRコード

QR


copyright 2005-2007 ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記