FC2ブログ
ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~

■ プロフィール

今西和彦

Author:今西和彦
1967年広島生まれ 
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
横浜市在住


◎米国催眠士協会
 認定ヒプノセラピスト
 (National Guild of Hypnotists)
◎米国催眠療法協会
 認定ヒプノセラピスト
 (American Board of Hypnotherapy)
◎米国アルケミー催眠協会
認定ソマティックヒーリング
上級コース修了
 (Alchemy Institute of Hypnosis)
◎日本ホリスティックアカデミー
前世療法プロコース修了
年齢退行療法プロコース修了
◎QE(クォンタムエントレインメント)ヒーリング
基礎&上級&ユーフィーリング& アート・オブ・スティルネスコース修了
◎量子波ヒーラー養成コース修了(導入&S1&S2)
◎整体師
◎レイキティーチャー

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (32)
意識 (1506)
お気に入り (652)
ヒプノセラピー (117)
セラピー (74)
からだ (136)
ビーイングセラピー (183)
ヒプノセンス (148)

■ セッション、セミナー、ワークショップ等、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ カレンダー

03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

■ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

言霊の宿る瞬間
言霊とは、特別な誰かが、
特殊な技をもって披露するものなどではなく、
ある事象に向き合って、
ある人の魂から発せられた言葉に生命が宿る、
ということに過ぎない。

だからこそ、魂のブレ、
つまりは、「気がふれ」ることへの配慮をしながら、
正気を籠めることが必要になる...

何のこっちゃわからないだろうが、
たまにはこういうことも書いておいた方が良さそうだ。

人間の新しい生命の受胎の瞬間から、
出産、育児に至る過程になぞらえて、
生命に尊厳があり、尊重されるべきであるとするならば、
言葉にも、正気の魂が発動され、
霊性という生命が慈しみ育てられるべきである。

言霊については、魂の問題であるから
男女の別なく、発語、聴覚に難があろうが関係ない。

存在そのものが問われている...

今日はいつになくこんなカタイ調子で申し訳ないが、
この国が、言霊幸はう国であるならば、
いや、どこの国でも構わないが、

最早、嘆きを超えて、
言葉に宿る、生命、魂、霊性を、
各々が真摯に引き受ける時代なんだとつくづく思い、
ならば、受けて立とうという次第である。

ほとんど、自動筆記、書かされている、という感覚...(苦笑)

合掌

スポンサーサイト



■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ QRコード

QR


copyright 2005-2007 ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記