FC2ブログ
ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~

■ プロフィール

今西和彦

Author:今西和彦
1967年広島生まれ 
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
横浜市在住


◎米国催眠士協会
 認定ヒプノセラピスト
 (National Guild of Hypnotists)
◎米国催眠療法協会
 認定ヒプノセラピスト
 (American Board of Hypnotherapy)
◎米国アルケミー催眠協会
認定ソマティックヒーリング
上級コース修了
 (Alchemy Institute of Hypnosis)
◎日本ホリスティックアカデミー
前世療法プロコース修了
年齢退行療法プロコース修了
◎QE(クォンタムエントレインメント)ヒーリング
基礎&上級&ユーフィーリング& アート・オブ・スティルネスコース修了
◎量子波ヒーラー養成コース修了(導入&S1&S2)
◎整体師
◎レイキティーチャー

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (32)
意識 (1506)
お気に入り (652)
ヒプノセラピー (117)
セラピー (74)
からだ (136)
ビーイングセラピー (183)
ヒプノセンス (162)

■ セッション、セミナー、ワークショップ等、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ カレンダー

03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

■ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

実験君主制
これまで、いくつかの食材など、
偏食とでも言える食べ方について書いてきた。

誰に頼まれたのでもない、
我が身を賭けた実験を続けているようなもので、
独り身であるから、何の文句が出るわけもなく、
さしあたり、実験君主とでも言おうかな(笑)

これは、食を巡る実験ではあるけれど、
実は、人間の一生そのものが、実験なのだ。

先ずは、仮説を立てるだろうし、
実験の環境や条件の設定など、あれこれ吟味し、
比較対照が多ければ、
その分、複雑で緻密な進行プログラムが必要となる。

いささか長めの実験なので、
時々はハプニングも起きるし、
プログラムの進め方そのものの変更を余儀なくされることもある。

そして、何より飽きないようにすることが大切だ(笑)

そのために必要なことは何だろう?

自らが、実験君主として君臨することを
自分自身に認めることだ。
そして、実験なのだから、
仮説はあっても、結果に拘泥することなく、
その事実を、ありのままに受けとめ、
また次の実験に臨めばいい。

少し結果がまとまった頃に、分析などもしてみる。
君主なのだから、無用な反省はせず、
活かせるところだけ拾う(笑)

さあ、あなたは、実験君主制のこの世界で、
お金、人間関係、仕事、健康...
どの辺りから、自覚的に実験を始めるだろう、
大丈夫、君主であるあなたは、
あなたのペース、あなたのやり方で進めればいい。

ボクは、助手として、
いつでもお手伝い致します(笑)

インドにも昔、偉大なる実験君主がいた、
本日は、釈迦の誕生日だ。
合掌



スポンサーサイト



■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ QRコード

QR


copyright 2005-2007 ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記