FC2ブログ
ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~

■ プロフィール

今西和彦

Author:今西和彦
1967年広島生まれ 
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
横浜市在住


◎米国催眠士協会
 認定ヒプノセラピスト
 (National Guild of Hypnotists)
◎米国催眠療法協会
 認定ヒプノセラピスト
 (American Board of Hypnotherapy)
◎米国アルケミー催眠協会
認定ソマティックヒーリング
上級コース修了
 (Alchemy Institute of Hypnosis)
◎日本ホリスティックアカデミー
前世療法プロコース修了
年齢退行療法プロコース修了
◎QE(クォンタムエントレインメント)ヒーリング
基礎&上級&ユーフィーリング& アート・オブ・スティルネスコース修了
◎量子波ヒーラー養成コース修了(導入&S1&S2)
◎整体師
◎レイキティーチャー

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (31)
意識 (1506)
お気に入り (652)
ヒプノセラピー (117)
セラピー (74)
からだ (136)
ビーイングセラピー (183)
ヒプノセンス (102)

■ セッション、セミナー、ワークショップ等、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ カレンダー

03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

■ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

常套句を脱ぎ捨てて
決まりきった物言い、態度に安住していると、
やがて、本質から遠ざかってしまう。

ヒプノセラピー(催眠療法)についても同じこと。

今日は、ある一点について、
これまでの常套句に修正を加える。

クライアントから頻繁に提示されるこの質問、
「私、本当に催眠状態になって、前世とかに行けるのかな?」

従来ならば、
「大丈夫ですよ、人は、一日の中でも
 知らないうちに何度も催眠状態になってるんですから...」などと
あれこれ例を出し、簡単な誘導をくり返しながら、
100%の確信、安心感を抱かせるように話を運んでいった。

しかし、実際には、
前世体験はもとより、
催眠状態でさえ、浅いまま、終えてしまうこともあるのだ。

クライアントもガッカリするし、
セラピストもひきつった笑顔で言い訳のテンコ盛り、
これでは両者救われない。

先日、あるクライアントとのセッションで、
同様の事態に陥った...

ボクは、言い訳のつもりでもなく、
セラピストにあるまじき、
とんでもない言葉を口にしてしまった、
「必要ないのかもしれないね...」
お金をもらっておいて、何たる無責任な言葉...
しかし、クライアントの次の言葉に救われた、
「何となく、そう思ってました...」

以前、僧侶であるクライアントのセッションに立ち会った時、
やはりその人も、催眠状態に入ることなく終えてしまった...
当たり前だね、彼が目指しているのは、
変性意識を突き抜けた、空や悟りの状態なのだから。

ボクのクライアントの言葉の真意は、はかりかねるが、
直感的に、この人には、
もう次のステージが用意されていると感じた。
だから、平気であんな失礼な言葉が口を衝いて出てしまった...

さて、冒頭の質問に、
今のボクならこう答える、
「今のあなたにとって必要ならば、
 催眠状態になるだろうし、そうすれば、
 前世でも、未来世にでも行けるかもしれない...
 でも、必要なければ、また、違うカタチで、
 次のステージが待ってると思うよ。
 ヒプノセラピーは、通過点に過ぎないんだからね。
 もちろん、今日持って帰ってもらうべきものは
 きっちり持って帰ってもらうよ(笑)」

以上は、ボクの私見に過ぎない。
言い訳や誤魔化しととられても構わない。
もちろん、クライアントの状態は変化するので、
次は、あっさり催眠状態になることだってある。

このような学びに導いてくれたクライアントに
心から感謝している、
本当にありがとう。
合掌

スポンサーサイト



■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ QRコード

QR


copyright 2005-2007 ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記