FC2ブログ
ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~

■ プロフィール

今西和彦

Author:今西和彦
1967年広島生まれ 
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
横浜市在住


◎米国催眠士協会
 認定ヒプノセラピスト
 (National Guild of Hypnotists)
◎米国催眠療法協会
 認定ヒプノセラピスト
 (American Board of Hypnotherapy)
◎米国アルケミー催眠協会
認定ソマティックヒーリング
上級コース修了
 (Alchemy Institute of Hypnosis)
◎日本ホリスティックアカデミー
前世療法プロコース修了
年齢退行療法プロコース修了
◎QE(クォンタムエントレインメント)ヒーリング
基礎&上級&ユーフィーリング& アート・オブ・スティルネスコース修了
◎量子波ヒーラー養成コース修了(導入&S1&S2)
◎整体師
◎レイキティーチャー

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (32)
意識 (1506)
お気に入り (652)
ヒプノセラピー (117)
セラピー (74)
からだ (136)
ビーイングセラピー (183)
ヒプノセンス (157)

■ セッション、セミナー、ワークショップ等、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ カレンダー

01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

■ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

全面教師の時代
安吾さん、4日過ぎちゃった、ゴメンナサイ(苦笑)

17日は、『堕落論』で戦後文壇に強烈な一石を投じた
越後生まれの無頼派作家・坂口安吾の没後58年目の命日だった...

ここでも、少し書いたことがある、
『幻でも空似でも』2011.11.03
『評論家気取り』2012.02.17
『富士山③』2012.12.02

感慨深い写真がある...
彼が亡くなる一年前に、
歩行器にまたがる、まだ赤ん坊の綱男さんを
奥さんの三千代さんとの間にはさんで、写しているものだ。

とってつけたような構図で、それが泣かせる、
だって、みんな笑ってないんだ...

というのも、一躍流行作家にはなったものの、
創作のプレッシャーとともに、
酒や、アドルム、ヒロポンなどの薬物に錯乱することしばしばで、
生活は荒れていた...

ようやく掴んだ、人並みの幸せを、
あの一枚に刻み込みたかったのだろう...

安吾さん、あなたは、ボクの反面教師なんかではないよ。
そんなチャチなもんじゃない、
あなたの作品、その創作の苦労、生活の光と影、
全部丸ごと受けとめる、
そう、あなたは、ずっと全面教師だ!

何事の教師たる者、
丸ごとのまれる「覚悟」はあるか...
学ぶ者は、
「勇気」をもって、全部のみほせ...

反面教師をありがたがってばかりいたら、
こちらの方が、お利口さんや半可通にでもなってしまう、
最早、この時代は、全面教師との、
存在をかけた魂のぶつかり合いだ...

セラピストのブログとは思えない表現になったが、
実は、この一ヶ月近く、ボクの文章は、
かなりのアジテーター(煽動家)ぶり...
確信犯だ(笑)

大丈夫、『真我』の導きだから、
ハートはオープンなまま、
パッションも光を放っている...

安吾さん、ありがとう、
新津、大安寺の墓所の方向に向かって遥拝しながら、
この言葉をあらためて胸に刻みます、
『あちら こちら 命がけ』

合掌

スポンサーサイト



■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ QRコード

QR


copyright 2005-2007 ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記