FC2ブログ
ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~

■ プロフィール

今西和彦

Author:今西和彦
1967年広島生まれ 
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
横浜市在住


◎米国催眠士協会
 認定ヒプノセラピスト
 (National Guild of Hypnotists)
◎米国催眠療法協会
 認定ヒプノセラピスト
 (American Board of Hypnotherapy)
◎米国アルケミー催眠協会
認定ソマティックヒーリング
上級コース修了
 (Alchemy Institute of Hypnosis)
◎日本ホリスティックアカデミー
前世療法プロコース修了
年齢退行療法プロコース修了
◎QE(クォンタムエントレインメント)ヒーリング
基礎&上級&ユーフィーリング& アート・オブ・スティルネスコース修了
◎量子波ヒーラー養成コース修了(導入&S1&S2)
◎整体師
◎レイキティーチャー

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (32)
意識 (1506)
お気に入り (652)
ヒプノセラピー (117)
セラピー (74)
からだ (136)
ビーイングセラピー (183)
ヒプノセンス (158)

■ セッション、セミナー、ワークショップ等、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ カレンダー

01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

■ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

『視線意識』①
今日と明日、2回に分けて書くことは、
このブログを始めて、一年半の中でも、
とりわけ重要なポイントになる。

一昨日と昨日を通じて、
状況と併行して起きていた、
ある意識への気づきを、何とか文章にする。
万に一人でも理解してほしい...
いや、必ず体感出来る。

『視線意識』という言葉...
これは、その気づきを称しての
ボクの出来たてホヤホヤの造語。

 人は、「見る」という行為をもって対象物に向かう。
 その時、その視線を矢印にたとえるなら、
 尖がりは、対象物に向かった、その先っぽにつく。
 そして、その対象物から得られた情報により
 様々な思考や感情が生まれる。
 その行ったり来たりが、
 一般的に、「見る」という行為だろう。

 しかし、一昨日、奇妙な視線に気がついた。

 投げかけた視線の矢印の尖がりが、
 対象物の方にだけではなく、
 こちらにもついていたのだ...
 しかも、同時に、
 「見る」と「見られている」という感覚が起こっている。
 もちろん、主体は、どちらも自分自身。

 すぐに、様々な対象物に視線を切り替えてみたものの
 その感覚は変わらない。
 双方向の感覚が同時に起きていることは間違いなく、
 情報が処理され、思考や感情が生まれる余地など微塵もない。

ボクは、この双方向の視線の感覚を
『視線意識』と名付けることにした。

大事なのは、ここからだ...

『真我』や『いまここ』へのアプローチは、
様々なカタチで語られ、行われてきたが、
この『視線意識』をもって、
より直接的、感覚的、身体的に、近づくことが出来るはずだ。

さあ、部屋中を見渡して、
いくつかの対象物に、
ゆっくりと、順番に、視線を送っていってほしい...

ほら、「見る」と同時に「見られている」でしょう、
しかも自分自身に...

一体何てことだろう、
この不思議さが伝わるだろうか...

今日は、この余韻をもって、
ここまで(笑)
 
スポンサーサイト



■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ QRコード

QR


copyright 2005-2007 ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記