FC2ブログ
ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~

■ プロフィール

今西和彦

Author:今西和彦
1967年広島生まれ 
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
横浜市在住


◎米国催眠士協会
 認定ヒプノセラピスト
 (National Guild of Hypnotists)
◎米国催眠療法協会
 認定ヒプノセラピスト
 (American Board of Hypnotherapy)
◎米国アルケミー催眠協会
認定ソマティックヒーリング
上級コース修了
 (Alchemy Institute of Hypnosis)
◎日本ホリスティックアカデミー
前世療法プロコース修了
年齢退行療法プロコース修了
◎QE(クォンタムエントレインメント)ヒーリング
基礎&上級&ユーフィーリング& アート・オブ・スティルネスコース修了
◎量子波ヒーラー養成コース修了(導入&S1&S2)
◎整体師
◎レイキティーチャー

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (32)
意識 (1506)
お気に入り (652)
ヒプノセラピー (117)
セラピー (74)
からだ (136)
ビーイングセラピー (183)
ヒプノセンス (148)

■ セッション、セミナー、ワークショップ等、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ カレンダー

01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

■ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

適度な偏り
カバン一つの持ち方にしても、
右か左か、腕か肩、
引きずる、背負う、頭にのっける...

癖や慣れもあるので、
問題が無ければ、気にすることはない。

しかし、頭の中や心の内となると、
時に、これは、
偏りとして、問題視されることもある。

プライベートはもちろん、
ヒプノセラピストという職業的人格においても同様だ。

だから、「学び」の領域は、
バランス良く、意識して広げていく必要がある。

文化系の素養しかない我が身にとって、
脳科学や進化生物学(心理学)などは、ちょっと大変(苦笑)
何とか、興味が後ろで支えてくれている。

ただ、全てにバランス良くなり過ぎてしまうと、
自由に物が言えなくなってしまう。

適度な偏りがあるからこそ、
一定の発言が個性にもなり、
クライアントにも選択の余地が出て来るし、
ボク自身も楽だ(笑)

本当は、カバンも人生の課題も
全てほっぽり投げてみたいところだが、
そうしなかったのは、
それが進化(退化も含めて)ということなのかもね(笑)

スポンサーサイト



■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ QRコード

QR


copyright 2005-2007 ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記