ビーイングセラピー<あるがまま>の秘めたる力を活かす

■ プロフィール

今西和彦

Author:今西和彦
1967年広島生まれ 
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
埼玉在住

◎ビーイングセラピスト(主宰)

◎米国催眠士協会
 認定ヒプノセラピスト
 (National Guild of Hypnotists)
◎米国催眠療法協会
 認定ヒプノセラピスト
 (American Board of Hypnotherapy)
◎米国アルケミー催眠協会
認定ソマティックヒーリング
上級コース修了
 (Alchemy Institute of Hypnosis)
◎日本ホリスティックアカデミー
前世療法プロコース修了
年齢退行療法プロコース修了
◎QE(クォンタムエントレインメント)ヒーリング
基礎&上級&ユーフィーリング& アート・オブ・スティルネスコース修了
◎量子波ヒーラー養成コース修了(導入&S1&S2)
◎整体師
◎レイキティーチャー

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (25)
意識 (1246)
お気に入り (630)
ヒプノセラピー (106)
セラピー (70)
からだ (119)
ビーイングセラピー (181)

■ セッション、セミナー、ワークショップ等、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ カレンダー

01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

■ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

思考力の見解
昨日の「想像力」と、本日の「思考力」、
自身の経験や知識が共通のベースになっていて、
異なるのは、その表現方法だけ...

もう少し加えるなら、
「思考力」は、そのベースの部分を、「根拠」と見なし
そこから論理的に物事へのアプローチを始める。

実際的な、もしくは機械的な作業においては、
「思考力」は、それ程問題ではない。

心理的な揺さぶりをかけられるような事態に直面した時、
「思考力」は、余計な動きで、事態をさらに面倒にする。

さて、どうするか...

 先ずは、「思考力」の初動から、つぶさに観察を始める。
 
 余計な動きは、すぐにわかる。
 「?」のマークが点滅し、
 「想像力」が浸透してくる...「感情」と言い換えても良い。
 そして、極めつけは、
 「だから~すべき」「だから~しなくてはならない」という
 もっともらしい「根拠」が、正否・善悪を喧伝し始める...

もちろん、純粋な「思考力」などありえないし、
「想像力」の違和感が、良きストッパーとなることもある。

問題となるのは、その裏で、
もっともらしい「根拠」をふりかざす、
そう...エゴの存在だ。

『思考力の見解』とは、すなわち、『エゴの見解』。
対処の方法は、これまでに何度も述べてきた、
くり返すよ...

 挑みかかるのはエゴの思うつぼ、
 とにかく、そのプロセスをニヤニヤして観続けてやればいい。
 本当に、エゴはそれを嫌がるんだ(笑)



追記:昨日の動画、3分過ぎた頃に、一瞬、布袋氏が頭上を指差し、
   奏で始めたメロディーに気づいただろうか...
   泣かせるな、まったく(笑)
スポンサーサイト

■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ QRコード

QR


copyright 2005-2007 ビーイングセラピー<あるがまま>の秘めたる力を活かす all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記