FC2ブログ
ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~

■ プロフィール

今西和彦

Author:今西和彦
1967年広島生まれ 
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
横浜市在住


◎米国催眠士協会
 認定ヒプノセラピスト
 (National Guild of Hypnotists)
◎米国催眠療法協会
 認定ヒプノセラピスト
 (American Board of Hypnotherapy)
◎米国アルケミー催眠協会
認定ソマティックヒーリング
上級コース修了
 (Alchemy Institute of Hypnosis)
◎日本ホリスティックアカデミー
前世療法プロコース修了
年齢退行療法プロコース修了
◎QE(クォンタムエントレインメント)ヒーリング
基礎&上級&ユーフィーリング& アート・オブ・スティルネスコース修了
◎量子波ヒーラー養成コース修了(導入&S1&S2)
◎整体師
◎レイキティーチャー

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (32)
意識 (1506)
お気に入り (652)
ヒプノセラピー (117)
セラピー (74)
からだ (136)
ビーイングセラピー (183)
ヒプノセンス (162)

■ セッション、セミナー、ワークショップ等、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ カレンダー

12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

楽しい人生
内政の混乱が、革命に、
あるいは、
外圧の脅威が、戦争に至るようなことがあれば、
それは、国家レベルにおいては、
多分に悲劇的であるとともに、
極めて大きな変化とも言える。
それを歴史と言い換えても良い。

個人レベルにおいても、
病気や事故、リストラ、離婚などの経験が、
それに該当する、と言える。

各種心理療法の文脈では、
悲劇的な事象を、変化の機会ととらえる重要性を強調する。
ここでも、何度も展開してきた態度だ。

ヒプノセラピー(催眠療法)では、
さらに、そこに潜在意識、集合的無意識の意志・働きを読む。
つまり、来るべくして来た変化だと...

そうならば、悲劇を待つこともない、というのが人情。
それで、直感と兆しのアンテナに磨きをかける。

ここまで来れば、
ラマナ・マハルシが、いつもの調子で
こんな問いを投げかけてくるだろう...

「国も破れ、山河も消え果て、
 そこには、あなたの立錐の余地などないかもしれない。
 変化も良いが、静謐さ、そのものとして、
 変化することなく、その一部始終を見守っているのは誰?」


以上の文章は、
実際的な生活を営みながらも、
多次元的に意識的であることも可能である、ということを、
かなり凝縮して伝えようとしたもの。

いつもとは、ちょっと違う感じの文章になったね、
まあ、いいや(笑)


追伸:Sちゃん、
   「ズレたね」というのはちょっと意地悪な表現だった、
   ごめんなさい(笑)
   人生、思い込みの一本道しかなかったら、そうだけど、
   クリシュナムルティが言うように、
   「真理は道なき道」だから、良い機会をとらえて、
   思う存分、その可能性を発揮してください。
   いつでも応援しますよ(笑)  

スポンサーサイト



■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ QRコード

QR


copyright 2005-2007 ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記