FC2ブログ
ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~

■ プロフィール

今西和彦

Author:今西和彦
1967年広島生まれ 
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
横浜市在住


◎米国催眠士協会
 認定ヒプノセラピスト
 (National Guild of Hypnotists)
◎米国催眠療法協会
 認定ヒプノセラピスト
 (American Board of Hypnotherapy)
◎米国アルケミー催眠協会
認定ソマティックヒーリング
上級コース修了
 (Alchemy Institute of Hypnosis)
◎日本ホリスティックアカデミー
前世療法プロコース修了
年齢退行療法プロコース修了
◎QE(クォンタムエントレインメント)ヒーリング
基礎&上級&ユーフィーリング& アート・オブ・スティルネスコース修了
◎量子波ヒーラー養成コース修了(導入&S1&S2)
◎整体師
◎レイキティーチャー

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (32)
意識 (1506)
お気に入り (652)
ヒプノセラピー (117)
セラピー (74)
からだ (136)
ビーイングセラピー (183)
ヒプノセンス (162)

■ セッション、セミナー、ワークショップ等、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ カレンダー

12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

集中と注意、その後は
自分の思考や感情、行動の推移を
つぶさに観察することにより得られる気づきの感覚は、
やがて、その周囲へと、広がりを見せる...

集中から注意へ、という流れ...

 図書館で静かに本を読んでいる。
 合い間に目を閉じて、内容を反芻しながらも、
 ゆっくりと瞑想状態に入っていく...

 間もなく、誰かがパタンと本を閉じる、
 咳払いをする、出口に向かう...
 全ての音を、見ているように把握できる程、
 注意の感覚は鋭敏になっている。

 しかし、突然、
 向かいの席に乱暴に腰掛ける音、
 注意の感覚は、エゴの苛立ちにすり替わる。

 「ワタシの領域を犯すんじゃない、
  折角の、気づきに満ちた瞑想状態を台無しにしやがって!」

注意、気づきの感覚が周囲に広がるというのは、
決して、それらをコントロールする云々の話ではなく、
あくまで、そのあるがままを、受け入れていくだけなのだ。

基本は、やはり、
自分自身への集中、注意に尽きる。

もう一度目を閉じて、
向かいの席に座っているエゴと
しばらく対話するのも良いだろう(笑)

スポンサーサイト



■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ QRコード

QR


copyright 2005-2007 ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記