FC2ブログ
ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~

■ プロフィール

今西和彦

Author:今西和彦
1967年広島生まれ 
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
横浜市在住


◎米国催眠士協会
 認定ヒプノセラピスト
 (National Guild of Hypnotists)
◎米国催眠療法協会
 認定ヒプノセラピスト
 (American Board of Hypnotherapy)
◎米国アルケミー催眠協会
認定ソマティックヒーリング
上級コース修了
 (Alchemy Institute of Hypnosis)
◎日本ホリスティックアカデミー
前世療法プロコース修了
年齢退行療法プロコース修了
◎QE(クォンタムエントレインメント)ヒーリング
基礎&上級&ユーフィーリング& アート・オブ・スティルネスコース修了
◎量子波ヒーラー養成コース修了(導入&S1&S2)
◎整体師
◎レイキティーチャー

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (32)
意識 (1506)
お気に入り (652)
ヒプノセラピー (117)
セラピー (74)
からだ (136)
ビーイングセラピー (183)
ヒプノセンス (148)

■ セッション、セミナー、ワークショップ等、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ カレンダー

11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

■ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

好きだから...
好きなのに、お腹が痛くなるのなら手放した方が良い、
というのが昨日の話...

今日は、

好きだから、出来るだけ手放したくないなあ、
という、まるっきり反対の話...(笑)

散歩して、本を読んで、コーヒーを飲む...
これらの何気ない余暇行動にも、
全て、快適さを保つ許容量というものを
みんなそれぞれ設定している。
度を越す、もしくは不足しがちになると
一転して不快な事態に陥り、本末転倒となってしまう。

普段は、そんなこといちいち考えたりしないが
新たに興味津々の余暇行動が突然浮上して来た場合、
既存のそれを見直す機会に迫られる。
もともと好きなことだから、どれかを手放すのも忍びない...

さて、どうするか...

抜本的な見直し、というのがある。

たとえば、
余暇時間を増やすんだったら、
余暇じゃない時間を削るんだから、
一日のスケジュールの全面見直しになるし、
極端な話、仕事や家庭の在り方さへ
変えちゃう可能性だって出てくるかもしれない(笑)

許容量というものには、
物理的な側面だけではない、
容易に手を出すことを憚られる側面もあるので、
そのことはそれなりにちゃんと考えないとね、
という曖昧な着地にしておこう(笑)

「好き」というのは、「許容」することとリンクしてるから
こういうことになるんだよね(笑)


ようやく、ここまで来て、
昨日の「玉ねぎ」の話から、クリスマス・イヴに繋がった(笑)

『全部許して、全部愛そう...』

今夜は、マリアに応援と祝福を、
どうか、お腹が痛くなりませんように...

合掌
スポンサーサイト



■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ QRコード

QR


copyright 2005-2007 ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記