FC2ブログ
ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~

■ プロフィール

今西和彦

Author:今西和彦
1967年広島生まれ 
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
横浜市在住


◎米国催眠士協会
 認定ヒプノセラピスト
 (National Guild of Hypnotists)
◎米国催眠療法協会
 認定ヒプノセラピスト
 (American Board of Hypnotherapy)
◎米国アルケミー催眠協会
認定ソマティックヒーリング
上級コース修了
 (Alchemy Institute of Hypnosis)
◎日本ホリスティックアカデミー
前世療法プロコース修了
年齢退行療法プロコース修了
◎QE(クォンタムエントレインメント)ヒーリング
基礎&上級&ユーフィーリング& アート・オブ・スティルネスコース修了
◎量子波ヒーラー養成コース修了(導入&S1&S2)
◎整体師
◎レイキティーチャー

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (32)
意識 (1506)
お気に入り (652)
ヒプノセラピー (117)
セラピー (74)
からだ (136)
ビーイングセラピー (183)
ヒプノセンス (162)

■ セッション、セミナー、ワークショップ等、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ カレンダー

11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

■ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

究極の問答
ラマナ・マハルシの本を読んでいてつくづく思うのは、
宗教、スピリチュアル、心理療法...
何でも良いんだけど、
既に、究極の問いと答えは出てるんだよね。

だから、ボクがセッションをしたり、
ここでこうして書いている役割というのは、
そこへ至る、あるいは気づく
一つの機会の創出と提供に過ぎなくて、
しかも、それを享受するかどうかなんて、
ボクの関するところではない(笑)

無責任のようだけれど、お互い気楽でもあるね。

じゃあ、こうやって何がしかの表現をすることだけが
機会の創出かというと、そういうわけでもなく、
赤ちゃんであれ、植物状態の病人であれ、
その存在自体が、表現の別なカタチなのだから、
優劣や是非の問題ではなく、
『それ』を求めている人には、貴重なんだ...
もちろん、当人にとっても。

神様というのは、
そういうボクらをどうするつもりなんだろうね...

もちろんその答えも、
ちゃんとマハルシは提示している、
だって究極なんだもん(笑)

それが何だかを、
これからもボクはセッションし、書いていく...
マハルシはどんな風に思ってるんだろうね、
想像はつくけど(笑)

合掌

スポンサーサイト



■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ QRコード

QR


copyright 2005-2007 ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記