FC2ブログ
ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~

■ プロフィール

今西和彦

Author:今西和彦
1967年広島生まれ 
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
横浜市在住


◎米国催眠士協会
 認定ヒプノセラピスト
 (National Guild of Hypnotists)
◎米国催眠療法協会
 認定ヒプノセラピスト
 (American Board of Hypnotherapy)
◎米国アルケミー催眠協会
認定ソマティックヒーリング
上級コース修了
 (Alchemy Institute of Hypnosis)
◎日本ホリスティックアカデミー
前世療法プロコース修了
年齢退行療法プロコース修了
◎QE(クォンタムエントレインメント)ヒーリング
基礎&上級&ユーフィーリング& アート・オブ・スティルネスコース修了
◎量子波ヒーラー養成コース修了(導入&S1&S2)
◎整体師
◎レイキティーチャー

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (32)
意識 (1506)
お気に入り (652)
ヒプノセラピー (117)
セラピー (74)
からだ (136)
ビーイングセラピー (183)
ヒプノセンス (168)

■ セッション、セミナー、ワークショップ等、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ カレンダー

11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

■ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

富士山②
昨日に引き続き、
ほぼ4年前の、あるサロンでのリレーブログ、
富士山についての2日目の再録...


それではどうぞ...

『富士さんちの子どもたち』

 幕末や維新の話題になると、どうも居心地が良くない。
 新撰組や人気志士ランキングから始まって、
 最近なら、陰謀論も加わって厚みも出てくるのだが、
 ボクならこう言いたくなる、
 「おうおうおう、誰か忘れちゃいませんか?
  日本一の富士のお山を背負うのは、海道一の大親分、
  清水の次郎長なんじゃねえか」
 
 歴史は、多分、もっとも低いところで、
 しかも世の中には知らんぷりされながら蠢きはじめる。
 それでも、いつか俺たちも、と憧れながら富士を仰ぎ見る、
 その視線がどうにも愛おしい。
 
 ある日のこと、清水港の次郎長一家のもとに
 どこからか素性の知れない男がやってきて、
 そのまま居座るや、
 朝から晩までぴったりと次郎長に寄り添う。
 そして、すったもんだをしっかり見届けながらご一新の落着へ。

 ご一新も過ぎる頃には、次郎長一家も立派に陽の当たる場所へ、
 となったところで、
 その男、忽然と次郎長のもとを去り、歴史の深い闇へ...

  中国には、水滸伝という革命指南書があり、
  梁山泊に集った無法者たちが、天命の分捕り合戦をやる。

 どうやら、次郎長一家はこれをやろうとしたらしく、
 それを察知した幕府(山岡鉄舟)が送ったのが、さっきの男。
 その名を天田五郎、土産に『東海遊侠伝』を書き置いて行った。

 龍馬もゲバラも派手で格好いいし、
 三国志も頭が良くなりそうだが、
 歴史の底の底の方なんて、もっとみっともなくて情けない。

 富士は天辺も高いが、裾野も広い、
 こんな子どもらも面倒見ていた。
 
 今日も世界はバカ安の株価だが
 こんな時こそ、
 ipodなんかに広沢虎造:浪曲『清水次郎長伝』なんて
 さっと放り込んで聴いてる人がいたら、
 その人は、買い、だね。

 ちょうど時間となりました...
 浪曲なんて、とお思いのみなさん、
 心配しないで結構、毎週日曜の午後六時、
 フジテレビでちゃんとご覧になってます。
 清水でまるちゃん暴れまくってる。

以上、明日に続く...
スポンサーサイト



■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ QRコード

QR


copyright 2005-2007 ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記