FC2ブログ
ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~

■ プロフィール

今西和彦

Author:今西和彦
1967年広島生まれ 
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
横浜市在住


◎米国催眠士協会
 認定ヒプノセラピスト
 (National Guild of Hypnotists)
◎米国催眠療法協会
 認定ヒプノセラピスト
 (American Board of Hypnotherapy)
◎米国アルケミー催眠協会
認定ソマティックヒーリング
上級コース修了
 (Alchemy Institute of Hypnosis)
◎日本ホリスティックアカデミー
前世療法プロコース修了
年齢退行療法プロコース修了
◎QE(クォンタムエントレインメント)ヒーリング
基礎&上級&ユーフィーリング& アート・オブ・スティルネスコース修了
◎量子波ヒーラー養成コース修了(導入&S1&S2)
◎整体師
◎レイキティーチャー

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (32)
意識 (1506)
お気に入り (652)
ヒプノセラピー (117)
セラピー (74)
からだ (136)
ビーイングセラピー (183)
ヒプノセンス (168)

■ セッション、セミナー、ワークショップ等、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ カレンダー

09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

■ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リミッターを外す前に
本を読むこと、そのこと自体への気づきを
ここでも何度か書いてきたが、
また新たな発見があった...

根っからの読書家ではないので、
読み進めるためのリミッターとなるような
思考や感情に注意を払うなど、
そのための努力はしてきたつもりだった...

しかし、先日こんな癖に気がついた(苦笑)

思いがけず、スルスルと内容が頭に入って来る、
初めてお目にかかる著者であるのに
一つ一つの言葉選びや表現、ジョークに至るまで、
何の抵抗もない...性に合ってる...

そう、何の問題もないはずなのに、
パタン、と本を閉じてしまい、
熱いものに触れたかのように、投げ出してしまう...
こんな心の声とともに、
「そんなはずないぞ、そんなに簡単にわかってたまるか、
 初めて読むんだろ、何か大事なところ、見落としてるぞ!」

表現や内容が難しいという、負のリミッターもあれば
読みやす過ぎるという、正のリミッターもある...

いやいや、そんなリミッターの別などない(笑)

本を読むことそのものへの動機に、
まだまだ恐れや不安、劣等感のようなものが
必要以上にこびりついているのだ...

秋の夜長を存分に楽しむためにも、
先ずは、その秘めた思いに、
しっかり耳を傾けてあげたいと思う。


スポンサーサイト



■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ QRコード

QR


copyright 2005-2007 ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記